1gの食物繊維摂取による平均便増加量

写真拡大 (全2枚)

 2月10日に、医師や専門家、サポーターが集い、『「ブランでスッキリ!」委員会』が発足された。

 「ブラン」とは、小麦など穀類の外皮部分のことで、自然由来の食物繊維を多く含んでいる。保水性の高い「小麦ブラン」の食物繊維は、腹の中で水分を吸収して膨らみ、腸を刺激してぜん動運動を活発にすることで自然なお通じを促す効果が期待できるという。更に、ほかの穀類、野菜、果物などに比べて、より効果的に便の「かさ」を増すという優れた特徴がある。また、小麦ブランは、腸内細菌の住みかになり、善玉菌の育成を助けて、腸内環境を整える働きもある。

 同委員会では、自然由来の食物繊維「小麦ブラン」で、腸内環境を整え、“お腹もココロも軽く、前向きで気持ちのいい1日を過ごすこと”を「スッキリ習慣」と名付けている。委員会発足日には、公式Webサイトを公開し、便秘などの腹の不調に悩む女性たちに役立つ情報を発信する。今後も、イベントなどを通じて、女性の「スッキリ習慣」をサポートしていくという。