夢見るアドレセンス『Bye Bye My Days』ジャケット

写真拡大

3月18日(水)にメジャーデビューが決定しているアイドルグループ・夢みるアドレセンス(通称「夢アド」)。そのメジャーデビューシングル『Bye Bye My Days』のジャケットが公開となった。

表題曲「Bye Bye My Days」には解散したBiSの全曲プロデュースを手がけていた松隈ケンタさんらがサウンドプロデューサーとして参加することは発表されていたが、新たに、カップリング曲に、人気急上昇中の新潟のアイドルグループ・Negiccoのサウンドプロデューサーであるconnieさんや、□□□(クチロロ)の三浦康嗣さん、多くのアニメやアイドル楽曲を手がけてきた渡辺和紀さんの参加が明らかになった。

2015年、ネクストブレイクが期待される・夢アド


夢みるアドレセンス



夢みるアドレセンスは、2012年、人気ティーンファッション誌のモデルを中心として結成された5人組アイドルグループ。アドレセンスとは、「思春期」のことで、5人のアドレセンスによる等身大の自分が表現されたステージが、幅広い層の支持を集めている。

2014年末に行われたワンマンライブにて、2015年3月にメジャーデビューに加えて初の東名阪ワンマンツアーを行い、4月のツアーファイナルでは東京・中野サンプラザで単独公演を行うことを発表し、大きな話題を集めた。

解禁となった収録曲「DATE COUNT FIVE」では、人気急上昇中の新潟のアイドルグループ・Negiccoのサウンドプロデューサーであるconnieさんが作曲を担当し、数多くのアーティストやCM、舞台などに楽曲提供している□□□(クチロロ)の三浦康嗣さんが作詞と編曲を担当。

また、別形態のCDに収録される「フォトシンテシス」では、東京女子流やさくら学院といったアイドルへの楽曲提供や『魔法少女まどか☆マギカ』などの大ヒットアニメの主題歌を手がけてきた渡辺翔さんが作詞・作曲を、そしてAKB48らに楽曲提供している渡辺和紀さんが編曲を担当。アイドルファン、アニソンファンからも支持を集める豪華作家陣となった。

公開ジャケットも、無邪気な思春期の少女たちがいたずらしあったかのような世界観が表現され、アーティスティックなジャケットに仕上がっている。

2015年、ネクストブレイクアイドル候補No.1と呼ばれる夢みるアドレセンスの今後に注目したい。