アディダスは「スマホ写真カスタマイズ」スニーカーで、デザインをユーザーに開放する

写真拡大

アディダスは今月初めに、スニーカーカスタマイズサーヴィス「mi ZX Flux Photo Print」を日本国内でスタートした。このサーヴィスは、スマートフォンで撮影した写真や保存している画像を使い、自分だけのオリジナルスニーカーを作成できるというもので、カスタムデザインにおけるユーザーの自由度を一気に拡大するものだ。

「アディダスは「スマホ写真カスタマイズ」スニーカーで、デザインをユーザーに開放する」の写真・リンク付きの記事はこちら

アディダスのストリートスポーツウェアブランド「adidas Originals」より、スニーカーカスタマイズサーヴィス「mi ZX Flux Photo Print」の提供がスタートした。

ユーザーは専用フォトアプリ「mi ZX Flux Photo APP」を使い、アプリで撮影した写真やスマートフォンに保存している画像をadidas Originalsのスニーカー「ZX FLUX」のアッパー部分にプリントして、自分だけのオリジナルシューズをデザインできる。

アプリはiOS、Androidの双方で提供されており、App StoreまたはGoogle Playから無料でダウンロードできる。アプリを起動し、性別や靴のサイズなどを選択すると、写真を撮影またはカメラロールから選ぶ画面に進み、画像を決めるとシューズのプレヴューを作成できる。

プレヴューするデザインはアプリ上で360度回転させて確認できる。デザインが気に入ったらそのまま購入画面に進み、1万6,000円(税別)で購入可能だ。作成したデザインは、TwitterやFacebook、Instagramなどソーシャルメディアでシェアもできるので、デザインだけを楽しむこともできる。

IMG_4435

「mi ZX Flux Photo Print」には、「unleash your creativity(クリエイティヴィティを開放せよ)」というメッセージが込められている。このメッセージについて、adidas Originalsのフットウェア商品統括責任者であるトーベン・シューマッハはこう語る。

「このサーヴィス自体がまっさらなキャンヴァスのようなものだと捉えています。そこにユーザーの個性を投影することで、個人のクリエイティヴィティを最大化させ、同時にブランドとしてポテンシャルを最大化させることができると考えています」

同じデザインの商品が量産されていた時代から、テクノロジーの進歩によって消費者の個性が商品に反映され、最適化される時代へとシフトし始めている。「mi ZX Flux Photo Print」は、ファッションの新しい挑戦であると同時に、ブランドとしての挑戦でもある。

これまでは、ブランドのイメージやプロダクトとしての完成度を保つために、デザインはインハウスのデザイナーが行うものだった。スニーカーをカスタムデザインできる他社のサーヴィスも、あらかじめ用意された配色や素材の組み合わせから自由に選べるくらいだった。だが、あらゆるスマホ写真をデザインに反映できるアディダスのサーヴィスによって、ユーザーの自由度は一気に拡大する。

ここまで自由度が上がると、ユーザーの個性をプロダクトに反映させていくことと、ブランドのイメージを保つことは相反することにはならないのだろうかという疑問に対して、シューマッハはこう答えた。

「『ZX FLUX』というスニーカー自体が、adidas OriginalsのDNAを十分に表現しているものです。ユーザーがアプリを通じてユニークな自己表現を投影したとしても、ブランドは損なわれないと考えています。むしろユーザーの創造性が発揮されることを楽しみにしています」

「mi ZX Flux Photo APP」は、ユーザーが創造性を発揮することを阻害しないよう、徹底的にシンプルさにこだわって開発されている。mi ZX Flux Photo APPの開発責任者であるティル・ジャグラに、その想いについて聞いた。

「このアプリでは、シンプルさとユーザーエクスペリエンスの両立を追求しています。コアメッセージだけを伝えるように、余計な機能を加えないようにしました。ただ、ほかのユーザーのデザインが閲覧できる『インスピレーション』という機能を備えるなど、シンプルであることは維持しつつ、ユーザーに自己表現をしてもらい、作成したデザインをシェアしてもらうための最低限の機能は付与しています」

リリースされて以来、すでに数多くのユーザーが「mi ZX Flux Photo APP」で思い思いのシューズをデザインし、ソーシャルメディア上でシェアしている。

シューマッハとジャグラは、日本のユーザーからどのようなデザインのシューズが生まれてくるのか、日本から飛び出してくるクリエイティヴィティを楽しみにしているという。

TAG

AdidasCustomizationDesignShoes