憂鬱な花粉シーズンを宮古島で優雅に過ごす

写真拡大

ユニマットプレシャス(東京都港区)が運営する「シギラリゾート」は、沖縄県宮古島の「ホテルブリーズベイマリーナ」で、花粉シーズン限定の連泊プランを2015年5月31日まで販売している。

宮古島にはスギ花粉の飛散がないが、さらに徹底的な対策のために、部屋には空気清浄機が用意される。また、シギラリゾート内の日本最南端の天然温泉「シギラ黄金温泉」を3泊する毎に1回無料で利用可能だ。

客室は長期滞在も可能なキッチン付きの「アネックス コンドミニアム」が用意される。全室オーシャンビューの客室には、レンジ、冷蔵庫のキッチン家電に加え、乾燥機能付きの洗濯機を完備している。

2人利用時の場合、1人当たりの1泊の料金は3連泊限定で7000円、6連泊限定6500円からとなる。予約は同ホテル予約ページにて受け付けている。