アップル、BBCの有名DJゼイン・ロウをリクルート

写真拡大

英国BBCのラジオ局「Radio 1」の人気DJであるゼイン・ロウが、アップルに移ると発表した。ビーツ・エレクトロニクスを巨額買収したアップルの音楽部門に加わり、新しいプロジェクトに取り組むと見られる。

「アップル、BBCの有名DJゼイン・ロウをリクルート」の写真・リンク付きの記事はこちら

英国BBCのラジオ局「Radio 1」の人気DJであるゼイン・ロウが、Radio 1を離れて米国のアップルに移ることになった。

職務内容は不明だが、彼は今後について「興奮を抑えきれない」と語るとともに、BBCで働いた期間の「1分1秒まで愛していた」と話している。

ロウ氏がアップルでどのような仕事をするのかは明らかになっていないが、成長を続けているアップルの音楽部門に加わり、現在開発中のプロジェクトに取り組むことになりそうだ。

アップルは2014年5月、ヘッドホンと音楽ストリーミングで人気のビーツ・エレクトロニクスを、過去最高額となる30億ドルで買収すると発表(日本語版記事)。音楽業界でのプレゼンスを大きく拡大しようとする姿勢を明らかにしている。

アップルは、ビーツ・エレクトロニクスから引き継いで提供している音楽ストリーミング・サーヴィス「Beats Music」を、今夏にもリニューアルして立ち上げるらしいという報道もある。ロウ氏は、新しい会員制ストリーミング・サーヴィスの音楽キュレーターを務めるか、場合によっては独自の番組をもつことも考えられる。

TAG

AppleDJMusicVideoWiredUK