「ファミマエレキ化計画」エレキングさんに出演交渉する森翔太さん

写真拡大

袖から飛び出す「仕込みiPhone」といった斬新な工作や映像作品で注目を集める森翔太さんが、「ウルトラシリーズ」に登場する大人気怪獣・エレキングに電話で出演交渉するティザームービーが公開された。



これは、100%電気自動車「日産リーフ」を充電できる急速充電器が、今年3月末までに全国のファミリーマートファミマエレキ化計画」を記念して制作されたムービー。

「ファミマエレキ化計画」



電気攻撃を得意とするエレキングと、電気で動く「日産リーフ」の電気つながりから、エレキングへの出演オファーを実行したようだ。2月24日(火)には、3月14日(土)公開の『劇場版ウルトラマンギンガS』と「日産リーフ」、ファミリーマートによるコラボレーション動画「エレキングバンド」が公開予定となっている。

ファミマが狙う電気自動車の普及と充電インフラの充実


「ファミマエレキ化計画」



実はファミリーマートでは、2012年10月より地域一体となって、低炭素化社会の実現に貢献することを目的に急速充電器の設置や運用を推進。現段階で全国464店舗に設置し、サービスを提供している。今後は、今年3月末まで設置数を約650店舗まで拡大する見込みで、電気自動車普及の課題だと言われている、充電インフラの充実を支えている。

そんなファミリーマートと、走行中のCO2排出がゼロ、ガソリンを全く使用しない100%電気で動く「日産リーフ」がコラボレーション。今回の「ファミマエレキ化計画」は、電気自動車に少しでも多くの人に興味を持ってもらいたいという思いのもと、日産とファミリーマートが立ち上げた企画だ。

独特の切り口で世間を賑わす映像作家/俳優の森翔太さんと、知名度が高く、子どもから大人まで人気のある怪獣・エレキングによるコミカルな動画を通して、より多くの人に「ファミマエレキ化計画」や「日産リーフ」の魅力を伝えていくという。