和歌山県の宿舎食堂で競輪選手21人が食中毒 ノロウイルスを検出

ざっくり言うと

  • 和歌山県の宿舎食堂で16日、競輪選手21人が食中毒症状を訴えた
  • ノロウイルスが検出され、市保健所は食堂を3日間の営業停止処分とした
  • 食堂は競輪選手用の施設で、8〜11日に提供された食事が原因とみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング