ジェイド ハイブリッドX

写真拡大

ホンダは2015年2月13日、6人乗りの新型乗用車「ジェイド」を発売した。

スタイリッシュさと居住性を融合させたベースモデル「ハイブリッド」(272万円)と、安全・快適装備を充実させた「ハイブリッドX」(292万円)の2グレード構成となっている。

2種類のセンサーによる安全運転支援システム「ホンダ センシング」も

足回りや床下部品の小型化を徹底し、効率良くレイアウトした超高密度低床プラットフォームを採用。全長4650×全幅1775×全高1530ミリというスタイリッシュな外観デザインに、3列シートを備える。見晴らしの良い爽快な1列目、快適な前方視界が得られる新しいシートスライド機構を採用した2列目、多彩に使える3列目空間を実現した。

パワートレインは、1.5リッター直噴DOHC i-VTECエンジンをベースとしたハイブリッドシステム「スポーツハイブリッド i-DCD」を搭載する。トランスミッションは7速オートマチック。JC08モード燃費は、ハイブリッドで1リットルあたり25.0キロ、ハイブリッドXで24.2キロ。

安全面では、フロントエンブレム裏に設置したミリ波レーダーと、フロントウインドー内上部に設置した単眼カメラという特性の異なる2種類のセンサーで構成される安全運転支援システム「ホンダ センシング」をハイブリッドXに専用装備する。また、助手席ドアミラー外側下部に装備したカメラの画像をナビ画面に表示する「レーンウォッチ」を、ホンダインターナビとセットでメーカーオプション設定した。車線変更や合流、左折時に見えにくい助手席側後方の状況を映し出すことで、安全な運転をサポートする。