停戦合意後もウクライナで戦闘続く 米政府が親ロシア派の「挑発」を批判

ざっくり言うと

  • 米国務省は16日、停戦合意後もウクライナで戦闘が継続している事に懸念表明
  • 「親ロシア派による挑戦的な言動は停戦合意を脅かしている」と批判した
  • また、ロシアから軍装備品が供給されないかを注視していると明らかにした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング