兵庫県の小学校で敷地内の一部が私有地に 70年以上も気付かれず

ざっくり言うと

  • 兵庫県の小学校敷地内に、個人の所有地が70年以上残っていることが分かった
  • 登記名義人はすでに死亡しており、法定相続人も土地の存在は知らなかった
  • 市教育委員会は、移転登記を求めて提訴する方針を固めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング