GEIDAI ANIMATION 06 DAWN フライヤー

写真拡大

東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の第6回目となる修了制作展「GEIDAI ANIMATION 06 DAWN」が、3月7日(土)から9日(月)まで、東京藝術大学横浜校地馬車道校舎にて開催される。

上映されるのは、映像制作集団・賢者の一員としてテレビCMなどを手がけるkoyaさんの『超ラジオ体操』。短編アニメ『Through the Windows』が、あいち国際女性映画祭2014にて準グランプリを受賞し、国内外の映画祭で上映された佐藤美代さんの『きつね憑き』や、PRADAや資生堂等のファッションブランド、ルミネのCMなどで多数のプロモーションに起用されるシシヤマザキさんの『月夜&オパール』など、修了生となる12名の映像作家の作品。

また、3月14日(土)から20日(金)まで、渋谷の映画館・ユーロスペースでも、同プログラムの上映が決定している。

“DAWN”アニメーションの夜明け





東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻は、2008年に設立以来、革新的なアニメーション表現や、新たな教育・研究や事業計画の創造を目指し「つくる」ことを主体としたカリキュラムにより、次世代のリーダーの育成してきた。

『超ラジオ体操』 ©2014 koya/東京藝術大学

『超ラジオ体操』 ©2014 koya/東京藝術大学



今回の修了制作展では、前述以外にも、オタワ国際アニメーション映画祭に代表作『祝典とコラール』がノミネートされ、複数の映画祭で評価された中内友紀恵さんの『I'm here』。シブカル祭2014の美術手帖 presents シブカル杯。において『黄色い気球とばんの先生』がグランプリを受賞した幸洋子さんの『ズドラーストヴィチェ!』などが上映される。また、今年度の1年次作品14作品も併せて上映される。

横浜会場では、スクリーン上映だけでなく、修了作品の制作過程を垣間みることの出来る展示スペースを設け、制作に用いた原画や人形などのアートワークの展示、制作ドキュメンタリーの上映、修了作品集DVDや、作品のグッズ販売も行われるほか、様々な分野で活躍する映像作家を招いてのゲストトークも両会場で開催される。

『月夜&オパール』 ©2014 シシヤマザキ/東京藝術大学

『月夜&オパール』 ©2014 シシヤマザキ/東京藝術大学



タイトルに冠された「DAWN」は、「夜明け」を意味する。

大学院2年間集大成の発表の場としてだけではなく、次世代を担っていくアニメーション作家の作品をじっくり堪能できる機会となりそうだ。

『I'm here』 ©2014 中内友紀恵/東京藝術大学

『I'm here』 ©2014 中内友紀恵/東京藝術大学