【福田正博フォーメーション進化論】

緊急特集「よみがえれ! 日本サッカー」(8)
■福田正博が考察する「育成の問題点」

 日本はUー20W杯に1995年から2007年まで7回連続で出場していたが、その後、09年から15年まで4大会連続で出場権を逃している。さらに、Uー17W杯は07年から13年まで4大会連続で出場していたが、これも途絶えてしまった。
 ユース年代の育成はA代表の強化に直結するだけに、日本サッカー全体が危機感を持っている今、福田正博氏が考えを語った。

 日本サッカーがさらなる発展を遂げるためには、育成の占めるウエイトがかなり大きい。

 とくに、FWの「決定力」は、選手がプロになってからでは向上させることが難しいため、育成年代からシュートへの高い意識を持たせることが大事で、これは、ユース年代から意識的に取り組まなければいけない重要なテーマのひとつだ。

 最近、日本人選手を指導するうえで、言葉というものが非常に重要なものだと考えさせられる出来事があった。

 先日参加した指導者講習会でのことだ。育成年代の選手に接するときの、欧州の著名な指導者たちの心構えを紹介していたのだが、その中のひとつに「私は、選手に『勝て』と言ったことは一度もない。『いいプレーをしなさい。そうすれば結果は必ずついてくる』と言っている」という言葉があった。

 たしかにいい言葉だと思うが、それをそのまま日本人の若い選手に向けて使うのは、相応(ふさわ)しくないのではないかと感じた。つまり、欧州の選手には適した言葉ではあるかもしれないが、日本人選手に同じ言葉を投げかけても、反応は異なると思うからだ。

 私はこれまで数多くの外国人選手と一緒にプレーしてきたが、彼らのメンタリティは日本人のそれとは明らかに異なる。欧州や南米の選手は、監督から必要以上に「勝て」と言われなくても、勝つためにプレーをするし、「シュートを打て」と言われなくても積極的にチャレンジするメンタリティを持っている。

 言い換えれば、「シュートを打つな!」とでも言わなければ、何でもかんでもシュートを狙いにいってしまうような選手が外国人アタッカーには多い。それに対して日本人は、「シュートを打つな!」と監督に言われたら、パスばかり回してまったくシュートを打たなくなるだろう。

 つまり、多くの日本人FWのメンタリティは、外国人FWと比べると消極的で、ミスを恐れて安全策を選択しがちなのだ。ゴール前でチャンスがあっても、より確実に決めるためにパスを選択するので、指導者に「もっとシュートを打て!」と言われてやっと打つようなシーンが多い。

 このように、日本人選手の多くは指導者の言葉を素直に受け入れ、それに従う傾向が強い。そのため、指導者や監督に「勝てとは言わない。いいプレーをしよう」と言われたら、いいプレーをすることだけを考え、勝つことにこだわらなくなってしまう。

 価値観やメンタリティは、13歳でアメリカに渡ったテニスの錦織圭選手のように、子どものころから海外に出てトレーニングを積むことをしなければ、そう簡単に変わるものではない。

 もちろん、サッカーでも育成年代のころから海外へ行き、環境を変えるという手はあるが、現実的に考えて、すべての選手が海外へ行くことは難しい。より現実的な案としては、選手を育てる際に日本の各地方の「気質」や選手の性格というものを考慮するやり方もあるのではないかと考えている。

 たとえば、目立つことが評価され、物怖じしない関西人の気質は、FWというポジションに適していると思うし、東北人の忍耐強さは守備的MFやDFに求められる資質を満たしていると思う。

 実際、トップクラスの選手たちを見ると、関西出身の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司、宇佐美貴史らが攻撃的なポジションで力を発揮し、東北出身の今野泰幸、小笠原満男や柴崎岳は中盤の底でチームを支えている。当然ながらすべての選手に当てはまるものではないが、地域ごとの気質や選手個々のメンタリティは、ポジションの適性を見るときの判断材料になると私は思っている。

 サッカーは、その国の国民性が表出すると言われることが多い。そうであるなら、育成において、もっと日本人のメンタリティを考慮した指導や、言葉の選び方が必要になってくる。もちろん、海外に目を向けていい部分を取り入れることは大切なことだ。ただし、海外の情報をそのまますべて受け入れるのではなく、取捨選択をして、日本人に合った伝え方をしていく時期にきている。
そして、その積み重ねが、日本らしいサッカーのスタイル構築につながっていくと思う。

福田正博●解説 analysis by Fukuda Masahiro