一般財団法人日本プロゴルフ殿堂は16日(月)、東京都中央区にある日本橋三越にて第3回日本プロゴルフ殿堂入り顕彰式典を行った。
岡本綾子、杉原輝雄、石井朝夫、陳清波が日本プロゴルフ殿堂入り
 今回殿堂入りをはたしのはレジェンド部門(ツアー制度施行前に活躍した選手)では石井朝夫と陳清波、プレーヤー部門(1972年のツアー制度施行後に活躍した選手)では故・杉原輝雄、岡本綾子の計4名。
 石井は1923年生まれの91歳で静岡県出身。1964年に日本人選手で初めてアジアサーキットで優勝。海外メジャー「マスターズ」にも3年連続で招待された。陳は1931年生まれの83歳、台湾出身で1959年に日本に活動の場を移し、同年に「日本オープン」を制覇。60年に発行した『近代ゴルフ』は多くのゴルファーのバイブルとなり、“ダウンブロー”という言葉を日本に定着させた。「マスターズ」に1963年から6年連続で出場。すべて予選を通過し、最高位は15位。
 杉原は1937年、大阪府出身。粘り強いプレーと卓越した小技でツアー制度施行後28勝を挙げた永久シードプレーヤー。2006年には「つるやオープン」で68歳311日の最年長予選通過記録を樹立、2010年の「中日クラウンズ」では同一大会51回出場の世界記録を打ちたて、病魔と闘いながら長く日本のゴルフ界を牽引。2011年12月28日、前立腺がんのため74歳でこの世を去った。
 岡本は1951年広島県生まれの63歳。米女子ツアー17賞、国内でも44勝を挙げ2005年には世界殿堂入りもはたした名プレーヤー。1987年には米ツアーで4勝を挙げ、米国人以外では初となる賞金女王に輝いた。近年では後進の育成に力を入れ、森田理香子を2013年の国内ツアー賞金女王に導いた。
 この日は、石井と岡本が体調不良で欠席。顕彰者で唯一、式典に出席した陳は「なんとも申し上げられないぐらい幸せ。感謝しております。ファンの皆さんの熱意にこれまで支えていただいた」と感慨深げに話した。自身がひろめたダウンブローという言葉には、日本のボールが浮きやすい芝質や昨今のクラブの変化もあり今の「日本にはそんなに必要ないかもしれない」と笑った。
 またこれからゴルフ界が盛り上がるためにはプロの活躍が大事だと語り、米ツアーで戦いを続ける松山英樹と石川遼に触れ、2人とも「スイングバランスが素晴らしい」と賞賛した。松山には「すばらしい指導者」を、石川には「米国で戦うにはもう少しウエイトが必要」だとアドバイスを贈った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>