ソチ五輪から1年、今季のフィギュア界には世界的に世代交代の流れが起こっている。日本男子も例外ではない。五輪王者の羽生結弦はまだ20歳で、今後も活躍が期待されることは言うまでもない。その羽生に次いで世界で通用する素質がある選手が日本にも出現した。それが今季ジュニアで躍進している宇野昌磨だ。今季は昨年の全日本選手権まで、出場したすべての大会で表彰台に立つなど、しっかりと実績を残してきた。

 昨年12月のジュニアGPファイナルでは、SP(ショートプログラム)3位からフリー1位になって、2005年小塚崇彦、2009年羽生以来、日本男子3人目となるジュニアGPファイナル王者の称号を手にした。フリー(163.06点)と合計(238.27点)の得点は、ジュニアの歴代最高得点を更新するものだった。

 昨季は試合ではまだ跳ぶことができなかった4回転トーループとトリプルアクセルを習得。今季からプログラムに組み込み、試合をこなすごとに精度を増して得点源になっている。

 世界選手権や四大陸選手権の代表選考が懸かった全日本選手権では、SPとフリーでともに3位につけ、ソチ五輪代表の町田樹やバンクーバー五輪代表の小塚ら並み居る先輩を抑えて総合2位に入った。そして掴んだのがシニアの国際大会初出場となる四大陸選手権の代表切符だった。

 17歳でのシニア国際大会デビューは早いほうではあるが、真のトップスケーターを目指すならこの段階でシニア勢と互角に戦えるだけの実力を持っていなければならない。次代を担うホープとして期待される宇野自身もそれは十分に認識しており、自らが求めるハードルを、試合を重ねるごとに上げてきた。

「いつもの練習でしっかりとできていたことで、自分自身の評価が上がっていた。1年前はノーミスしても無力さを感じることはありましたけど、今はまだまだ伸びる要素もありますし、すぐに直せるところもあると思っています。成長できている自分がいるので良かったです」

 海外シニア勢との実力差がどれほどあるのか。試金石となるこの四大陸での戦いが注目された中、ノーミスの演技を見せたSPでは88.90点の高得点を出して2位に。4回転とトリプルアクセルをクリーンに決めたほか、ステップやスピンでもレベル4が並んだ。トリプルアクセルではGOE(出来ばえ点)で2点の加点をもらい、演技構成点のスケーティング技術では8点台も飛び出すなど、全てのエレメンツで高い評価を得た。ジャッジも、宇野をジュニア選手の域を超えた実力者として認めていることが分かった。

「高い点数を出してくれたことは自信にはなりますが、まだ思い切りやれたと言い切れない演技だった。自分はもっともっといい演技ができると思っているので、フリーではしっかりと思い切ったいい演技がしたい」

 どこまでもどん欲に、そして高い目標を持って戦う姿がそこにあった。

 だが気合を入れ直して臨んだフリーは、ソウル入りしてから徐々に調子が悪くなっていったというジャンプでつまずいた。冒頭の4回転の着氷が乱れ、プログラム中盤の連続ジャンプで転倒と2度のミスを出した。ジュニアと比べてシニアは30秒長い4分30秒を滑らなければいけないために、ごまかしはきかなかった。それでも、2本跳んだトリプルアクセルでは高いGOE加点を引き出した。

 初優勝のデニス・テン(カザフスタン)ら、表彰台に立ったシニア勢がフリーでミスせずにしっかりと演技をまとめてきた中で、宇野はSP2位からフリー5位と順位を下げて、総合5位に終わった。フリーの演技後、キスアンドクライで悔し涙を流した宇野はこう振り返った。

「苦しかったというのが一番の感想です。ソウル入りしてから少しずつ調子が落ちていった。何とかうまくまとめられたが、順位よりも得点よりも、いつもの演技ができなかったのが悲しいです。試合が始まる前から悲しい気持ちだった。練習してきたことができない自分の無力さに悔しさとむなしさがあったから」

 大人びたコメントを口にするのは、目指す頂が高い証拠だろう。自分はこんなものでは終わらないという自負もあるかもしれない。シニア国際デビュー戦は宇野にとってほろ苦さを味わうものになったが、この経験を糧にすることで、さらなる成長ができるに違いない。

 今季最後の、そして一番の目標でもある世界ジュニア選手権エストニア大会が3月初旬にある。そこで「世界ジュニア王者」の称号を手に入れることが最重要なミッションだ。宇野の憧れのスケーターである高橋大輔も、羽生も手にしているこのジュニアタイトルを戴冠できる力があれば、宇野もまたシニアでの活躍が約束され、明るい未来が開ける。

「勝つためには、どんな状況でもいい演技、最高の演技ができるようにしなければいけない。今回は試合に合わせられず、しっかりと調整できなかった自分にいらだった。世界ジュニアに向けて直せるところは直して本番ではまともな演技ができるようにしたい」

 世界ジュニアタイトルを必ず奪取することを心に誓っていた。

辛仁夏●文 text by Synn Yinha