『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』公式サイトより

写真拡大

『キルラキル』の制作で知られるアニメスタジオ・TRIGGERによるアニメ映画『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』の公式サイトが公開された。本作は2015年秋に全国ロードショーが決定している。

『リトルウィッチアカデミア』は、2013年3月2日に文化庁の若手アニメーター育成事業「アニメミライ2013」の一作として公開された作品。映画化が決定している本作は「アニメミライ2013」で公開された作品の続編にあたるという。

世界が待望する続編


『リトルウィッチアカデミア』は、「アニメミライ2013」の参加作品として『龍 -RYO-』『デス・ビリヤード』『アルヴ・レズル -機械仕掛けの妖精たち-』と共に公開。『天元突破グレンラガン』や『Panty & Stocking with Garterbelt』の監督として知られる今石洋之さんを中心とするスタッフが、2011年に立ち上げたTRIGGERの第1弾劇場作品となる。



「アニメミライ2013」での公開後、YouTubeやニコニコ動画で期間限定で無料公開され、アニメーションが本来持つ躍動感をふんだんに表現した本作は、日本国内だけでなく、海外のファンへも訴求。2013年には日本でのBlu-ray発売のほか、北米でacttilよりBlu-rayが海外発売され、以前から続編を期待する声は大きかった。

続編となる『魔法仕掛けのパレード』の制作資金は、米国のクラウドファウンディングサービス「Kickstarter」で募集され、プロジェクト開始から、わずか6時間ほどで目標額を異例のスピードで達成する等、その注目度の高さがうかがえる。