首都高速7号線の高架を塗装する工事現場から出火 2人が心肺停止に

ざっくり言うと

  • 16日、首都高速7号線の高架を塗装する工事現場から出火し足場などが焼けた
  • 20〜30歳代の男性作業員2人が救助されたが、心肺停止の状態だという
  • 現場では当時、作業員らが薬品を使って高架を洗浄するなどしていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング