●SUB ROSA 薔薇の下で

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)

©石川雅之・講談社/純潔のマリア製作委員会

<キャスト>

マリア:金元寿子

アルテミス:日笠陽子

プリアポス:小松未可子

エゼキエル:花澤香菜

ジョセフ:小野賢章

ミカエル:井上喜久子

ビブ:能登麻美子

アン:加隈亜衣

マーサ:一城みゆ希

ガルファ:小野友樹

ロロット:小島幸子

●ストーリー

中世ヨーロッパ、フランス王国とイングランド王国の戦い続く百年戦争の時代を舞台に描かれる最強にして処女、魔女にして聖女の名を持つ少女の物語――。

人知れず森に住む、外見は少女だが強大な魔力を持つ魔女マリア。

恋はしたいけどその先はちょっと怖いお年頃…な彼女は

目の前に溢れる戦争や争いごとが大嫌い。

兵士や戦争を止めない教会を、普段はフクロウ姿のサキュバス・アルテミスを放って惑わし、

時に強大な魔力をもって、戦場そのものを消滅させ戦争をかき乱す。

しかし、魔力をもって人の世に介入する彼女の行動は、天界の方針に沿わないと、大天使ミカエルに目を付けられてしまい……。

こうして、天使と教会と百年戦争に、魔女は真っ向ケンカを売った。処女だけど。

●オープニング
エゼキエルの監視の目なんぞ全く気にしない(というより確信犯)魔女マリア。今日も彼女は戦争を止めさせるため魔法を使いドラゴンを呼び寄せる日々。そんな彼女のしていることは果たして正しいといえるのでしょうか?
●ガルファとマリア
フランス国の駐屯基地。そこでは娼婦が直営騎兵団とセッ○スをしています。

※それを歪曲的に「親睦をを深める」と表現していますが…。

ロロット「ジョセフ、あんたも親睦を深めてみる?」


ジョセフの要件はまた違うみたいです。もっともジョセフは童○!

そのジョセフとガルファは領主の命令によってマリアに会いに行きますが、

ガルファ「魔女マリア、小さいガキだな。でも良い身体になる素質がある。」

でも、マリアは今時点でもかなり良い身体だと思われます。

要件もそこそこにそのままジョセフを連れてゆくマリア。

ジョセフ「マリアさん、今度の戦争は止めさせないで欲しい!」

●アン、エゼキエルに平和を願う。

その直後、マリアの家にやってきたアン。しかし、マリアは不在。たまたまいたエゼキエルに対して、

アン「マリアに伝えて!パパが戦争に出るから、戦争を止めさせるようお願いして!」

エゼキエル「ミカエル様、人を救いたいと思う事は驕りなのでしょうか?人の世に介入することは間違いなのでしょうか?」
ミカエル「エゼキエル、魔女マリアが再び人前で魔法を使うようであれば彼女を天に還しなさい!」


エゼキエルとしても本心では魔女マリアのしている事が間違いでは無いと考えている節があります。もっとも表面上はミカエルの意向には反しないようにしていますが…。

●待ちぼうけのマリア

既に戦争がはじまっていますが今回でフランス国の勝利はほぼ確定的。そこでジョセフの依頼を受け入れ、戦争に介入しない事を決めたマリア。そしてジョセフはマリアにプロポーズをし、マリアとしてもそろそろ潮時かと感じていますが…。

エゼキエル「アンのお父さんが戦争に出るから戦争を止めて欲しいそうよ。私は貴方を戦争に行かせるわけにはいかないけど…。」

こうなるとマリアが選ぶ道は…。言わなくても決まっていますね!

「純潔のマリア」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

 

【ライター:清水サーシャ Twitter(shimizuSasha)】

 

【関連記事リンク】
【アニメ】「純潔のマリア」第5話「SAPERE AUDE 勇気を、分別を、」(ネタばれ注意)
【アニメ】「純潔のマリア」第4話「MEMENTO MORI 死を思え」(ネタばれ注意)
【アニメ】「純潔のマリア」第3話「FIDE,NON ARMIS 武器ではなく信仰で」(ネタばれ注意)

【アニメ】「純潔のマリア」第2話「CONTRA MUNDUM 世界に対す」(ネタばれ注意)

【アニメ】「純潔のマリア」第1話「VIRGO INTACTA 完全なる乙女」(ネタばれ注意)

「純潔のマリア」TVアニメ公式Webサイト

「純潔のマリア」AT-X公式Webサイト