定本 黒部の山賊 アルプスの怪

写真拡大

北陸新幹線開通まで残り1か月をきった。2015年3月14日に新幹線が長野から金沢まで延伸して、乗り換えなしで東京から富山まで2時間8分、金沢までは2時間28分で行けるようになる。一気に1時間半も短縮して、京都へ出かけるのとほぼ同じ。そうだ、北陸へ行こう!

ブリ、アマエビ、ホタルイカ...、日本海の魚は抜群に美味だし、秘湯もいっぱい。そしてなにより金沢をはじめとする歴史・風情のある町並みの魅力もあって、近くなった北陸への観光客が増えるのはまず間違いないだろう。

今回は来るべき「北陸」ブームに備え、ちょっと知ったかぶりができる3冊をご紹介。

J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」http://www.j-cast.com/bookwatch/でも特集記事を公開中。

カッパも山賊もまだまだ近くにいるかもしれない?

かつて日本にも山賊がいた。北アルプス最奥部にある三俣山荘の経営者、伊藤正一さんは、山賊と出会ったことがあり、その顛末を中心に著したのが『定本 黒部の山賊 アルプスの怪』(1296円、山と渓谷社)。

彼が出会った山賊とは、実はとてつもなく魅力ある男たちだった。岩魚釣り名人もいれば、熊撃ち名人もいる。熊鍋にお掃除しない大腸をそのまま鍋につっこむと味にコクが出るのは、排泄前の熊のアレがあるから、という理由には笑ってしまう。まさに「クソ食らえ!」だ。食べて見たいけれど、そんな機会はあるのだろうか。

本書を書店で探すと、必ずと言っていいほど、ガイドブック、山岳コーナーに置かれている。これがなんとももったいない。もっと目に付く一般書コーナーに置かれればいいのにと熱く思える名著だ。「いくらなんでも無理」「ありえない」と、頭でっかちになりがちな現代人にガツンと一撃を与えてくれる。本書で出会った山賊に思いを馳せて、北アルプスの山々を眺めてみたくなる。長く幻と呼ばれていたが、2014年に復刊、版を重ねている。

自然いっぱいの能登で、山菜を食らおう!

現在、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界自然遺産に登録されているのは、知床、白神山地、屋久島、そして小笠原諸島の4つだけれど、外国のエライ方々に認定されなくても、豊かな自然は日本にはまだまだ残っている。能登だってそうだ。

本書『やまんば能登を喰らう』(著・谷口藤子、監修・杉浦孝蔵、1836円、橋本確文堂)を読めば、ここにも豊かな自然の恵みがいっぱいあることを実感できるだろう。能登の山をすべて歩いた、「やまんば」こと、山菜アドバイザー谷口藤子さんの体験型山菜図鑑。50年間、山を歩いた83歳のおばあちゃんのフィールドワークの集大成に頭を垂れる。そして能登へ滋味豊かな山菜を食べに行きたくなる。

もちろん、能登だけでなく他のエリアでも活用できる作りになっているので、本格的山歩きでなく「なんちゃってアウトドア」、近場で山菜採りハイキングを、という方にもおすすめ。

歴史に特化した、石川県のガイドブック

『石川県の歴史散歩』(編・石川県の歴史散歩編集委員会、1296円、山川出版社)は都道府県別シリーズの1冊。石川県をいくつかのエリアに分けて、それぞれの名所旧跡、施設のみどころを紹介し、アクセス方法などを掲載するガイドブックだ。

ガイドブックといいつつも、いわゆるグルメ情報やショッピング情報はほとんどなく、たとえば、キリシタン大名として知られ加賀藩前田家でも活躍した戦国時代の武将、高山右近の足跡や、戦国時代末期の絵師、長谷川等伯と七尾美術館ついてなどコラムが3、4ページおきに必ずあって、その数、おおよそ40、実は歴史読み物に近い。

「るるぶ」でおなじみJTBパブリッシングや「マップル」の昭文社など旅行・地図に強い出版社でなく、合戦ものや武将、偉人伝などに強い山川出版社だけに、「どこそこのあれがおいしい」「お土産におすすめのベスト10」といった世俗情報(これはこれでとっても大切なんですけれども)を思い切り削ぎ落とし、歴史に特化したところは「いさぎよし」。