(C)Nobuo Yano / Ayumu Gombi / Hidemi Seto

写真拡大

バレエダンサーの熊川哲也さんが芸術監督を務める「Kバレエカンパニー」が、2015年で設立15周年を迎える。これを記念して「熊川哲也」と「Kバレエカンパニー」の軌跡をたどる「バレエに愛された男 熊川哲也とKバレエ展」が2月26日から、東京・銀座の松屋銀座8階のイベントスクエアで開催される。

第1作の「ジゼル」から最新作「カルメン」まで

英国ロイヤル・バレエ団に在籍していた10年間に、熊川さんが着用していた代表的なレパートリーの衣装を展示する。「ラ・バヤデール」のソロル、「くるみ割り人形」の王子、「ラプソディ」などを予定し、その多くは本邦初公開となる。

また、「熊川版全幕バレエ」からは第1作の「ジゼル」から最新作「カルメン」まで全11作品の舞台衣装や、一流デザイナーによる舞台美術模型や衣装デッサンなどが並び、会場では15年春に発売が予定されている「カルメン」のDVDのダイジェスト版を先行上映する。

さらに、日本人として初めて受賞したローザンヌ国際バレエ・コンクールのゴールド・メダルや、ニジンスキーをはじめ伝説のダンサーらの自筆サイン、熊川さんの振付作品「ベートーヴェン 第九」の創作にインスピレーションを与えた「第九」初版譜など、全部で約140点が展示される予定だ。

会期は3月9日まで。入場料は一般1000円、前売り700円(前売りは2月25日まで)。