クロスオーヴァーとオープンラボの可能性:MAT2015「MAT LAB.」

写真拡大

「MEDIA AMBITION TOKYO」では2月13日、「デザイン×現代美術 クロスオーバーの可能性」をテーマに、WOWの於保浩介とSANDWICHの名和晃平、そしてJTQの谷川じゅんじによるトークセッションが行われた。会場となったのは、六本木ヒルズ森タワーの展望台チケットカウンターに設けられた「MAT Lab.」だ。

「クロスオーヴァーとオープンラボの可能性:MAT2015「MAT LAB.」」の写真・リンク付きの記事はこちら

「MEDIA AMBITION TOKYO(メディア・アンビション・トウキョウ:MAT)」のプログラムのひとつとして展開された「MAT Lab.」は、一風変わった“展示”だ。休館中の森美術館のチケットカウンターを舞台にした「オープンラボ」で、国内外で活躍するヴィジュアルデザインスタジオWOWと、彫刻家・名和晃平が率いるクリエイティヴプラットフォームSANDWICHが互いのオフィスを移築し、日常的な業務作業を観客の目の前で行う。

観客はつくり手の日常的な制作プロセス、作業、打ち合せを観覧する事で、日々表現者が何を考え、どのように作業し、なぜ制作し続けるかという熱量を感じ取ることができる。

「プロセス」は作品になるのか?

観る人がそれを作品だと思うならそれでもいい、ただ彼らは、制作過程を見せることが作品なのだとは「考えていない」。意図するところは、「ムーヴメントをつくる」ことにあるのだと言う。“公開オフィス”の企画は、「これなら自分でもできるかもしれない」「あれは、面白そうだ」と鑑賞者の好奇心を喚起することを目して生まれた。

動画にも「MAT Lab.」の様子が収められている。

しかしながらMAT Lab.初日では、業務を進めていく上での共通言語がなかなか見つからず、また想像より多くの来客があり「不自然だった」という。しかし翌日には、実際に同じ現場で仕事をしていくことの付加価値が生まれてきたそうだ。

例えば、本来違う目的のもと制作されていた2つの作品を、ある空間で共存させようとすると、意図を超えたリエゾンが生まれることがある。それぞれのグルーブが生み出す全体としての熱量が、さらに新しいアイデアや作品を生み出すという現象が起きているのだと言う。

特にテクノロジーアートの分野では、テクノロジーを媒介にさまざまな人のアイデアや技術がミックスされていく。元来WOWとSANDWICHの両者に「みんなでつくる」という文化があって、必要な才能を必要なところに吸収することが恒常化していることも、このコラボレーションが成功している要因だろう。

オープン・アイデアの時代

コミュニケーションツールが氾濫するいま、アイデアの持ち出しを防ごうとしてもそれは困難だ。ならばアイデアの流出を恐れるよりオープンにし、それに対する反応をテストマーケティング的に吸収し、必要なスキルを取り込んでいくことに力を注ぐ方が賢明だ。

そうした状況を背景に、ものがつくられていく現場も変わりはじめている。自己表現に固執したクローズドな現場から、時代や社会と呼応し、共同作業を行う開かれた「ファクトリースタイル」の現場が主流となる。そこで重視されるのは、「誰がつくったのか」ということ以上に「どのような表現が生まれたのか」であり、アップデートができることだ、と名和は語る。

ある分野を専業にしている人たちが磨き上げていたテクノロジーが他業種でも使われ、技法が開発され、新たな製品や作品が生み出される。そのプロダクトに感化された一般ユーザーのニーズに応えるように、デヴァイスが進化を見せる。種々雑多な属性の人間がクロスオーヴァーすることで、テクノロジーの未来がつくられ、人の生活がつくられていく移行期に、いま、わたしたちはいる。

Media Ambition Tokyo 2015

©2015 Getty Images

TAG

EventMedia Ambition TokyoOpen InnovationWow