写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コトブキヤが展開するオリジナルプラモデル「フレームアームズ」シリーズ初となるショートアニメーションを収録したDVDと、劇中に登場するメインの機体のプラモデルをセットにした『フレームアームズバーサスセット〈ゼルフィカールV Sフレズヴェルク=アーテル〉』が、2015年5月に発売される。価格は10,584円(税込)。

DVDには、「YSX-24RD ゼルフィカール」と「NSG-X2 フレズヴェルク=アーテル」の激突を描いたショートアニメーション『A violent struggle』で、制作は「studio A-CAT」が担当。これまで立体化のみで再現されていた「フレームアームズ」の世界を、初めて映像で楽しむことができる。さらに、設定面から解説した全8ページ予定の副読本も同梱されるという。

プラモデルは『1/100 YSX-24RD ゼルフィカール(テストカラーVer.)』と『1/100 NSG-X2 フレズヴェルク=アーテル』の2体セットで、劇中に登場するカラーリングで再現。マルチカラーキット仕様により、組み立てるだけで劇中イメージに近い仕上がりとなり、「フレズヴェルク」には各部の塗り分けパターンを再現する水転写デカールが付属する。

「フレームアームズ」は、中核となる共通素体(フレーム)に外装(アーマー)を装着することによって、さまざまなデザインのロボットを簡単に組み上げることができ、さらに共通素体・外装の組み替えにより無限のバリエーションを造ることができるプラキット。素体はロボット可動モデルの究極を目指し、幅広い可動範囲と耐久性の高い可動機構の両立を実現するとともに、さまざまなタイプのロボットに対応できる汎用性の高いデザインを目指している。外装部品はプラモデルと同様の仕様で塗装や改造で「自分だけ」の機体を造り上げることができる。

(C)KOTOBUKIYA