インディペンデントなローカルショップを世界とつなぐ「Farfetch」創業者ホセ・ネヴェス

写真拡大

地球上に点在するインディペンデントな先鋭セレクトショップ約300社を擁するマーケットプレイス「Farfetch」。創業者ホセ・ネヴェスのヴィジョンは、世界中のセレクトショップとそれを支えるバイヤーたちに光を当てることだ。雑誌『WIRED』VOL.13より、ファッション×テックのキーパーソンへのインタヴューをウェブで連載。 

「インディペンデントなローカルショップを世界とつなぐ「Farfetch」創業者ホセ・ネヴェス」の写真・リンク付きの記事はこちら

JOSÉ NEVES │ ホセ・ネヴェス
Farfetch Founder & CEO。テクノロジー、ビジネス、クリエイティヴなど、さまざまな業種を通じて多角的にファッションビジネスを知り尽くしたファッション・テック・アントレプレナー。世界中のセレクトショップとそれを支えるバイヤーたちに光を当てたグローバル・ファッション・マーケットプレイス「Farfetch」を2007年に創業。社内では「最年長」の現在40歳、ロンドン在住。

連載/テクノロジー×ファッションの若き旗手たち

1 ジャスティン・クック:バーバリーのデジタル革命を率いた戦略家
2 モナ・ビジョア:「卸売り」をオンライン化する設計者
3 エディ・マロン:ファッションPRをテックで効率化する技術者
4 ホセ・ネヴェス:「Farfetch」創業者

8歳からプログラミングを始め、19歳でファッションの面白さに開眼、リテイルやホールセール、工場をつなぐソフトウェアを開発してテックビジネスを創業。22歳のときにはシューズブランド「SWEAR」を、さらに2001年には靴のライセンシングとショールームビジネスをローンチし、2007年、リテイルのマーケットプレイス「Farfetch」を立ち上げた。その人物の名は、ホセ・ネヴェス。

Farfetchは彼のキャリア、というよりむしろ8歳から現在にいたる人生の結晶だ。単なるオンラインショップではない。地球上に点在するインディペンデントな先鋭セレクトショップ約300社を擁するマーケットプレイスである。

「シューズブランドやホールセールビジネスを通じて、世界中の素晴らしいバイヤーたちとつながることができた。そして、彼らがテクノロジーのトレンドから取り残されているのも知っていた。わたしが敬意を払う彼らがグローバルオーディエンスに出会える場所をつくれたら、というのが始まりでした」

エッジの立った個性と確かな先見性でデザイナーからも厚い信頼を得ているものの、ローカル性と消費行動の変化によってビジネスを拡大できずにいたセレクトショップが、一気にグローバル展開できるビッグチャンス。消費者は、気鋭バイヤーによって選ばれたアイテム、しかもときに自国では入手不可能なモノもオンラインで買うことができる。

デザイナーやブランドにとっても、Farfetchがカヴァーする約26カ国のローカルショップを媒介に、一切の労力を払うことなく新マーケットに参入できるメリットがある。シンプルで無駄がなく、すべてがスマートにつながる。

「パートナーとなるショップ選定に妥協はありません。12人のリサーチャーたちが、時間をかけて、新しくユニークな視点でバイイングしているショップを世界中から探し出します。とても慎重なプロセスです。それが、Farfetchの価値となるわけですから」

そうして選ばれたパートナーのラインナップは、パリの「L’Eclaireur」、ロンドンの「Browns」、NYの「Five Story」などの著名ブティックから、150年以上の歴史をもつオーストリアの「Wunderl」、ブラジルのオンラインに特化した「Destination Brazil」まで、実に多彩なミクスチャーだ。そして、この多様性こそがテクノロジーの世界にはない、ファッションの魅力だとホセは語る。

「例えばアプリの世界ではひとりの勝者がいるけれど、ファッションは違います。異なるエトス、視点、つまり個性豊かなショップや、情熱的で知識豊富なバイヤーたちが共存しています。消費者は、Farfetchというオンライン空間の中で、ミラノの路地裏や北欧の小さな町のショップを訪れることができる。旅行のような体験です。と考えると、Farfetchは『ファッション・パスポート』にたとえることもできますね」

2014年9月にリリースされたiPhone版アプリは、まさにこの「ファッションと旅」がテーマ。Farfetchに参加するローカルブティックの名物バイヤーたち、すなわちテイストメーカーがオススメする、その土地ならではの情報、例えばレストランや美術館、ホテルなどが検索できる、最高にリアルでクールなトラヴェルガイドだ。さらに、同時期に開始された「Click & Collect」は、例えばパリの住人がムンバイのブティックから購入したアイテムをパリの最寄りブティックで受け取ることができる新サーヴィス。全世界をカヴァーする巨大ショップ・コミュニティを最大限に活かした、革新的なアイデアだ。

15年2月以降には、日本のショップもラインナップされる予定。若手ブランドにとっては特に、海外への重要な足がかりとなる。日本のファッションの風景が大きく変わる可能性だってある。

連載/テクノロジー×ファッションの若き旗手たち

1 ジャスティン・クック:バーバリーのデジタル革命を率いた戦略家
2 モナ・ビジョア:「卸売り」をオンライン化する設計者
3 エディ・マロン:ファッションPRをテックで効率化する技術者
4 ホセ・ネヴェス:「Farfetch」創業者

雑誌『WIRED』VOL.13
Amazonで購入する>>

最もアナログな業界と言われてきたファッションの世界に、デジタルテクノロジーがもたらされたとき、いったい何が起こるのか。未来のイノヴェイターたちや、スタートアップ・デザイナーのブランド論、7つのケーススタディからその未来を探る。詳しくはこちら。


TAG

Decoded FashionFarfetchFashionMagazineRetailStartupVol13