ありがちな不安・不満に配慮した設計

写真拡大

岩谷産業(東京都港区)は2015年2月16日、フードプロセッサー「クッキングミルサー」を発売する。

ケガのリスクを減らすカッターデザイン

フードプロセッサーにありがちな「鋭利なカッターによるケガの心配」や「後片付けが面倒」といった不安、不満を考慮した設計が特長。

カッターは洗浄時に誤って手が触れた場合などを想定して、刃をのこぎり状の歯の根元に付け、手指に当たりづらくなるようデザインされている。調理ボウルの内側にはセラミックコートが施されており、食材が容器に張り付くことが少なく、撹拌もスムーズで手入れも簡単。場所をとらないコンパクトサイズでありながら、4人前の料理の下ごしらえを一度にこなせる。

価格は1万5000円(税抜き)。