英国政府、自律走行車の公道テストを推進

写真拡大

英国政府は昨年、自律走行車のテストに1,900万ポンドを投資。このたび公道テストも承認した。英国内外の自動車メーカーに対して、自律走行車のテストを英国で行うことを奨励する意向を明らかにしている。

「英国政府、自律走行車の公道テストを推進」の写真・リンク付きの記事はこちら

英国政府は2014年、グリニッジ、ブリストル、ミルトン・キーンズ、コヴェントリの4都市で行われる自律走行車のテストに向けて1,900万ポンド(約35億円)を投資した。そしてこのたび、英運輸省による半年がかりの包括的検討を終えて、今夏に公道テストが開始されることになった。

英国政府は、英国および英国以外の各国の自動車産業に対して、新しい自律走行車のテストを英国で行うことを奨励する意向を明らかにしている。

「人間が運転しない車は未来だ。英国がこのエキサイティングな技術が進展する前線になり、道路システムを革新し、グローバルな投資の新しいルートになることを望む」と、クレア・ペリー運輸政務次官は述べた

テストを正式に開始する前に必要な次のステップは、実施基準の導入で、これは今春に行われる予定だ。この実施基準により、自動車業界に対して、自律走行車の実地テストを行ったり、テストを続けるなかで既存モデルの自律走行車をもっと高度なものにアップグレードしたりするのに必要な枠組みが示される。

なお、サムスンが実施した調査では、英国国民の55%が、渋滞問題を緩和するためにスマート交通システムが来年導入されることを望んでいるという結果が出ている。サムスン英国・アイルランド法人のアンディ・グリフィス社長は次のように述べている。

「自律走行車の公道テストの承認に向けて政府による大幅な見直しが始まったことは、革新を先導する国としての英国の地位をさらに裏付けるものだ」。

autonomous-car-2

グリニッジでテストされる「シャトル」

TAG

AutonomousCarCarSmart CityWIRED UK