ゲイ疑惑を自ら否定した前園真聖

写真拡大

 現在バラエティー番組でブレイク中の前園真聖(41才)。飲酒の末、タクシー運転手に暴力をふるうというトラブルから一時謹慎。その後、独特のキャラクターを全開にし、注目を浴びることとなった。

 強豪ブラジルを破ったアトランタ五輪の代表キャプテンで、現役時代は多くのファンを魅了した日本を代表する名ドリブラーは、いつの間にやら“面白い元サッカー選手”という扱いを受けるようになった。しかし、本人はまんざらでもない。先日放送された深夜番組では、“女子力男子”の代表として出演した。

「化粧水や乳液、ボディークリームとかのスキンケア用品をポーチに入れて持ち歩いてるとか、甘いものに目がなくて自由が丘でスイーツ巡りしてるとか、ひとり暮らしでミニブタや子犬を飼ってるとか…全部事実(笑い)。

 実は昔からこうなんです。以前ならカッコつけて女子力キャラなんて嫌がってただろうけど、謹慎明けからは飾らずに自分を出すことに決めたんです。他人の目を気にして自分を繕うことはやめました。案外、イジられるのも居心地がいいもんですよね」

 騒動をきっかけに彼は大きく成長したのだろう。となると気になるのはプライベート。独身生活はいつまで?

「41才で独身、ペットも飼ってるからゲイ疑惑も出たことありますが、ちゃんと彼女がいます。結婚? 願望はありますよ。彼女はぼくよりも10才下で、そろそろという年齢ではありますから。いずれ良い報告ができればいいですね」

 騒動で一皮むけた元サッカー選手が、再び脚光を浴びている。「前園の奇跡」はまだ続いている。

※女性セブン2015年2月26日号