[2.14 国際親善試合 U-23シンガポール代表 1-8 U-22日本代表]

 キャプテンマークを巻いて15年初戦を戦ったMF遠藤航(湘南)は、ボランチの位置に入りフル出場を果たして大勝に貢献した。

 序盤からリズムを作り、前半に5点を奪取したことで、「試合の入り方もすごく良くて、日本らしいボールの動かし方ができましたし、良い形で得点を奪えました」と試合を振り返った。

「欲を言えば、後半にもう少し点を取れれば良かったと思います」と話したものの、「ただ、チャンスは何回も作れていたし、手倉森(誠)監督も最後の決定力を課題に挙げていたので、8点取れて良かったと思います」と8ゴールという結果には満足気な表情を見せている。

 来月11日にはU-22ミャンマーとの親善試合を行い、3月末にはU-23選手権予選(リオ五輪アジア1次予選)が開催される。遠藤は「時間もないですが、日本での次の試合やアジア予選に生かせるように頑張っていきたい」と視線を上に向けた。