2020年東京オリンピックのあとの、ぼくらの世界:チームラボ猪子×ライゾマティクス齋藤×JTQ谷川

写真拡大

2月11日より開催されているテクノロジーアートのショーケース「MEDIA AMBITION TOKYO」。会期初日の11日には、会場のひとつである六本木 IMA CONCEPT STOREで、teamLabの猪子寿之、Rhyzomatiksの齋藤精一、JTQの谷川じゅんじが「VISION 2021 ちょっと未来のぼくらの話」というテーマでトークセッションを行った。そこで語られた内容を、一部紹介する。

「2020年東京オリンピックのあとの、ぼくらの世界:チームラボ猪子×ライゾマティクス齋藤×JTQ谷川」の写真・リンク付きの記事はこちら

日本科学未来館(お台場)で昨年11月の開催以来、連日、チケットが売り切れ、ついには2015年5月10日までの会期延長が決定した企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」。この展覧会では、2月11日から開催されている「MEDIA AMBITION TOKYO」に合わせ、プログラムによってリアルタイムで花が描かれ続ける「増殖する生命 - Gold」と、Facebookと連携してオリジナルフレームやさまざまなエフェクトをかけた写真が撮影できる「チームラボカメラ」が展示されている。

齋藤精一率いるライゾマティクスはINTERSECT BY LEXUS(青山)において、「LEXUS LFA」を用いたヴィジュアル&サウンドインスタレーション「1,220」を展示。さらに東京ミッドタウンのアイススケート場では、滑った軌跡をスクリーンに映し出す体験型のメディアアート「Skate Drawing」を公開している。

チームラボとライゾマティクス。デジタルテクノロジーや現代アートに興味をもつ者ならば、その名を聞かない日はないクリエイターチームだ。いまやアート作品へのアプローチは、ただ鑑賞するだけのものから体験するものに移行し、空間そのものがメッセージを発信するメディアとして機能することが多くなっている。デジタルテクノロジーを用いて、その動きを加速しているのが、彼ら2つのチームである。

チームラボの猪子寿之は、アートとは「美の基準を更新すること」。そして、「『カッコ悪い』とされていたものを『カッコイイ』ものにするのがアーティストに託された仕事」なのだと語る。

また、齋藤は「人が人と直接会い非言語のニュアンスを拾うことは、一見無駄のようにも思える」が、「それをすくい上げ、テクノロジーでかたちにしてみせることが未来をつくること」だと言う。

JTQの谷川じゅんじにとって「MEDIA AMBITION TOKYO」を開催する意義は、まさにそこにある。彼らのつくりだす最先端のアートやエンターテインメント、映像、音楽などの強みは、世界にアピールすべきものだと考えるからだ。

Media Ambition Tokyo 2015

ライゾマティクスによるINTERSECT BY LEXUSでの展示「1,220」は、2月20日まで。©2015 Getty Images

2020年の東京から、世界に何を発信するのか?

メディアとしてイヴェントや空間をとらえ、彩ってきた彼らにとって、2020年の東京オリンピックはやはり気になる存在だ。その国際的なイヴェントで、果たして日本は何を世界に発信できるのだろうか?。

日本は国内での発信に終始する向きが強い。そして、まだまだデジタルテクノロジーやアートに関する行政の動きは鈍いという。この環境を2020年の東京オリンピックを契機に打破し、アーティストやその作品を体験した人たちが当たり前のように海外に発信し世界に働きかけるような、「表現リテラシー」の水準が高まることが2021年以降の日本に望むことだと3人は語った。

彼らが言及したのは、1984年のロサンゼルス五輪だ。当時、テレビ放映料や入場料の徴収などの「商業五輪」が確立された。いまやすべての産業に入り込んでいるメディアアートやデジタルテクノロジーを用いることで、オリンピックのフォーマット自体の更新ができるのではないか、というのだ。

トークセッションのなかで彼らは、何度も「いい仲間に出会うこと」について触れていた。何かを発信するためには、発信したいという気持ちや手段ではなく、誰かがそれを「知りたい」と思うまで自分や作品を磨きあげること。そして、そのためには、いい現場や仲間が欠かせない。

デジタルテクノロジーとは、人やその生活と呼応して夢をかたちにするものである、ということを改めて伺い知れる2時間のトークセッションとなった。

Media Ambition Tokyo 2015

日本科学未来館での企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」は、5月10日まで開催。詳細はこちらから。©2015 Getty Images

TAG

EventMedia Ambition TokyoOlympicRhyzomatiksTeam LabTokyo