写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開する完成品トイ「METAL BUILD」シリーズより、2015年6月に発売される『METAL BUILD ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ -天空の宣言-』の予約受付が、全国の家電量販店、ホビーショップ、オンラインショップなどでスタートしている。価格は23,760円(税込)。

「METAL BUILD」は、「GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE」シリーズで培われた開発ノウハウを惜しみなく投入し、作品のデザイン性や世代に応じた商品デザインアレンジで立体化した、最高のクオリティのロボット完成品トイ。ロボットの魅力を、質感に至るまで追求し再現したシリーズで、関節部を中心に強度と重量感を生み出すために金属素材を採用し、その他全身にわたり硬質プラスチックで構成することで、シャープでソリッドなメカの質感・密度を表現している。これまでに「ダブルオーガンダムセブンソード」「ダブルオーライザー」「フリーダムガンダム」「デスティニーガンダム」「ガンダムエクシア」「レーバテイン」といったロボットが立体化されている。

「ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ」は、TVアニメ『機動戦士ガンダムSEED』の外伝作品『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』シリーズに登場するモビルスーツ(MS)。「アストレイ レッドフレーム」らとの戦闘で損傷した「ゴールドフレーム天」を、オーブ管轄の宇宙ステーション「アメノミハシラ」にて改造した機体。改修された機体は、前出の改造前の"天"と区別する意味もあり、搭乗者であるロンド・ミナ・サハクの名からそう呼称されている。

『METAL BUILD ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ -天空の宣言-』では、オリジナルデザイナー阿久津潤一氏(株式会社アストレイズ)が新たに描き起こした「METAL BUILD」用の造形でアレンジ。金色のダイキャストには電解メッキを採用し、通常のプラメッキとは異なる金属の輝きを再現している。また、特徴的な漆黒の装甲は、「METAL BUILD」では初採用素材のポリカーボネートにより光沢ある質感に仕上がっている。

造形・可動は、阿久津氏による「METAL BUILD」オリジナルアレンジにより、シャープな造形と可動を両立。さまざまな武装が付属し、初の商品化となる「オキツノカガミ」も標準装備され、強烈なアレンジが加えられているという。セット内容は本体に加え、マガノイクタチ(バックパック)、交換用左手首2種、交換用右手首3種、オキツノカガミ(槍)、ツムハノタチ(爪)、トリケロス改(右腕武器)、トツカノツルギ(腰剣)×2、マガノシラホコ用ワイヤーユニット×2、専用台座一式。

なお「魂ウェブ」では、本商品のスペシャルページも公開されている。

(C)創通・サンライズ