国際親善試合が14日に行われ、U−22日本代表はU−23シンガポール代表と対戦し、8−1で勝利した。試合後、チームを率いる手倉森誠監督がコメントを残している。

 2015年の初戦を8ゴールの大勝で終えたことについて「攻守に連動してコレクティブなサッカーをやろうと言って、手も抜くな、気も抜くなという注文をしていた。8得点を取れて勝てたというのは良かったですけど、今日はリスタートから点が取れなかった。逆にリスタートで相手に点を与えてしまったというのは、今度の一次予選に向けて、詰めなくてはいけない点を教えてもらったなと思います」と大勝には一定の評価を与えつつ、課題も見えたことを明かした。

 3月11日にはU−22ミャンマー代表と対戦する。この試合への意気込みを問われると、「今度3月に行われる壮行試合は、この(U−22日本)代表の初の国内でのお披露目なので、今日よりもいいパフォーマンスをして、アジア予選突破と日本サッカー界の将来に希望の光を照らすことが出来るような試合を見せられればと思っています」と語り、将来の日本代表を担うチームに期待を寄せている。

 サポーターに向けては「本当に日本代表のサポーターが、これだけシンガポールにいたんだなと。この期待に対して日本サッカー界は応えていかなくてはいけないとつくづく感じました。2014年は苦しみましたが、2015年は躍進の年にしていきたいと思います」と、日本サッカー界復権のためにも、2015年のU−22日本代表の活躍を誓った。