「MAKI-E」モデルは漆工芸「蒔絵」がモチーフ

写真拡大

米ボーズ製の音響製品を扱っているボーズ(東京都渋谷区)は、ノイズキャンセリング・ヘッドホンの日本限定モデル「Bose QuietComfort 25 Acoustic Noise Cancelling headphones - JAPAN CONCEPT MODEL(ボーズ クワイアットコンフォート25 ジャパンコンセプトモデル)」として「MAKI-E」「SUMI」の2機種を、2015年3月10日に数量限定で発売する。価格はいずれも4万円(税別)。

電気的に騒音を打ち消す技術搭載、静かな環境で上質なサウンドを

日本の伝統的な色をモチーフにしたプレミアムモデル。「MAKI-E」は日本独特の漆工芸「蒔絵(まきえ)」に着想を得たモデル。インナーヘッドバンドに廃したグロスのゴールドが漆黒の中で鮮明に浮かび上がり、イヤーカップのマットな白銀色がアクセントとなっている。

「SUMI」は書画に用いられる「墨(すみ)」をモチーフにした。黒の階調の濃淡と、グロスとマットを組み合わせた質感だけで、墨の持つ力と繊細さを表現したという。

性能面は、独自の「ノイズキャンセリング・テクノロジー」を搭載。イヤーカップの内側・外側両方に小型高性能マイクを搭載し、外部の騒音と内部へ侵入する騒音、両方をモニタリング。騒音と逆位相の音波を再生し、電気的に騒音を打ち消す。常に静かな環境で上質なサウンドを楽しめる。