なぜ、鳩は頭を振りながら歩くのか

写真拡大

鳩の動きを研究した結果、それは周りの世界をその目で見るために必要な動作だということがわかった。

「なぜ、鳩は頭を振りながら歩くのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

鳩を理由もなく嫌う人は多いが、わたしは鳩が好きだ。たったひとつ気に入らないのは、観光客のランチの残りを狙ってあちこちつついて回る姿くらいで、別に彼らの食べ物の好みをとやかく言うつもりもない。ただ、食べ物をあさって頭を前後に素早く揺らす仕草さえ止めてくれれば、もっと可愛がってもらえるのに、と思うばかりなのだ。

鳩がホットドックの残りを追ってよたよたと歩くとき頭を素早く前後に動かすのは、ひっくり返らないようにするためだろうと、とわたしは考えていた。しかし実際のところはバランス感覚の問題ではなく、周りの世界をその目で見るために必要な動作らしい。

歩くのに合わせて頭を素早く動かすことで、鳩が物を見ている目の位置は一点に留まったままになる。時間にしてほんの20ミリ秒の間だが、目には両側で動いていく世界をしっかりとした像で捉えるのに十分な時間が与えられるというわけだ。

目はそのままでは体の動きについていけない。そのため、昆虫から鷲に至るまで、あらゆる動物は世界を動かないものとして見る技をもっている。

人間を含め哺乳類の多くは本能的に、目そのものを素早く動かすことで体の動きに対応している。鳩も人間のように目を動かすこともできるのだが、首が長くて柔軟にできているので、それを使ったほうが効率的なのだ。

こんなことが分かってきたのも、1970年代に研究者のグループが鳩をランニングマシンに乗せて(飛んで逃げないようにプレキシガラスの箱で覆って)、鳩がいくら歩いても周囲が動かない限り、鳩は頭を動かさないことを見つけてくれたおかげである。

鳩は歩きながら、その頭(と目)を空間のある一点で静止させ、そして体の方がそこに追いついてくる。それからまた頭をひょいと前につき出し、新たな地点に固定させて、その体がまた前に動いてくるのだ。

もちろん、頭を前後に振りながら歩く鳥はたくさんいる。鶏もそのひとつだ。こちらも多くの実験がなされて(鶏に目隠しをする、暗い部屋でゆすってみるなど)、多くの種で周囲の動きを追跡するために頭を動かしていることが分かってきた。

頭を前後に振る動作は本能的なものであり、卵からかえって24時間以内にその動作が現れることも明らかになっている。これらの事実を知ったところで、鳩の間の抜けた歩き方が変わって見えてくるわけでもないのだが。

TAG

AnimalHeadlineNewsmotion trackRecommendWhat's Up With That