13日、スウェーデンの家具大手IKEAの韓国1号店で、買い物客の店内利用のために店が設置した鉛筆が相次いで持ち去られ、インターネットで販売されるなどしている。資料写真。

写真拡大

2015年2月13日、中国紙・参考消息(電子版)は海外メディアの報道を引用し、スウェーデンの家具大手IKEA(イケア)の韓国1号店で、買い物客の店内利用のために店が設置した鉛筆が相次いで持ち去られていると伝えた。持ち去られた鉛筆はインターネットで販売されるなどしており、10日になってようやく本国から補充分が届いたという。

【その他の写真】

昨年12月中旬にオープンした同店舗は、2年分の予定で鉛筆を用意していたが、たび重なる持ち去りのため、わずか2カ月で補充する形となってしまった。鉛筆を持ち去った人の中には中古品を扱うインターネットショップで販売する人もおり、1本3000ウォン(約320円)の高値を付ける人もいた。宣伝文句は「北欧デザインの鉛筆。使用回数は約5回」だ。あるブロガーは「IKEAから持ち帰った」と、鉛筆数十本をブログで紹介している。

これを知った人の間からは批判の声が上がっており、あるネットユーザーは「世界中にIKEAはあるが、鉛筆がなくなるのは韓国だけ。国の恥だ」とコメント。別のユーザーも「韓国の1人当たりGDPは3万ドル(約360万円)を超えたが、国民の意識は経済の成長に追い付いていない」と指摘している。

この現象について、流通業界の関係者は「韓国ではよくあること」と述べており、ある大学教授は「韓国は競争社会。目の前にあるチャンスをつかまなければ、大損をした気分になる。大量に鉛筆を持ち去り、ネットで販売するとは意識の低さの表れ」と話している。(翻訳・編集/野谷)