ゴルゴ松本と息のあったトークを見せた谷口徹(撮影:福田文平)

写真拡大

 今年で49回目の開催となるアジア最大級のゴルフ見本市、『ジャパンゴルフフェア2015』が東京都江東区にある東京ビックサイトにて開幕。今年はテーラーメイドやナイキゴルフなど大手が出展しなかったが、この日は天候にも恵まれ多くのゴルファーが来場。会場は盛況だった。
撮れたての美人コンパニオンの写真をチェック!
 アクシネットのブースには谷口徹が登場。3日前に47歳の誕生日を迎えたという谷口は、司会のゴルゴ松本から“プロゴルファーの適正年齢”を聞かれると「適正年齢?それはいっぱい勝ってるときだよ」と笑顔を見せた。最近パーソナルトレーニングを始めたと言い、「シニアは先輩が多くて嫌だから(笑)。55歳までレギュラーツアーで戦えるようにね」と冗談めかしながら始めた理由を明かした。
 ブリヂストンスポーツのブースでは、昨年3年半ぶりの勝利を挙げた近藤共弘がトークショーを行った。その優勝のときはホールアウトギリギリまでスコアボードを見なかったというエピソードを披露。「いつもはボードを見ちゃうんですけどね。ただ、見て緊張したり色々考えるのが嫌で17番につくまで見ないようにしました」と秘話を語った。
 PINGのブースでは、今シーズンから新たに契約した永野竜太郎が初お披露目。「G30のドライバーは思いっきり振ったり、叩いたりしても曲がらないのが凄い」と契約した理由を明かすなど、つかの間のファンとの交流を楽しんだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】お願いメーカーさん!どんなクラブを作ってほしい?
「Will you marry me?」ツアーも全面協力したプロポーズ大作戦
シード復帰を目指す今田竜二、今週の相棒は盟友プロゴルファー
毎日プレゼント【2月はダンロップ月間】!