テクノロジーはいかに「写真」を拡張するか:MAT 2015

写真拡大

現在、3回目を迎える「MEDIA AMBITION TOKYO」が開催されている。多彩なエキシビションとともに行われているトークセッションから、2月11日に行われた写真家の本城直季、マチルダの白鳥啓、雑誌『IMA』編集長の太田睦子、弊誌編集長が登壇して行われた回の内容を一部、紹介する。

「テクノロジーはいかに「写真」を拡張するか:MAT 2015」の写真・リンク付きの記事はこちら

2月11日より開催されているテクノロジーアートのショーケース「MEDIA AMBITION TOKYO」。3年目を迎える今年2015年の開催ではエリアを拡大し、六本木・青山・お台場・飯田橋・渋谷を舞台に、テクノロジーを活用したアート作品が集結している。

会場のひとつである六本木・IMA CONCEPT STOREでは、22日まで「IMA ARART Exhibition」と題し、AR技術を活かした写真の展示が行われているだけではなく、随時トークセッションが行われている。

今後予定されているトークセッション:
ヴィジュアルアートはジャンルではない
〜オリヴィエ・ラツィ(ANTIVJ)の仕事

気鋭の映像集団、ANTIVJのオリヴィエ・ラツィのクリエイティヴに『WIRED』日本版編集長が切り込む!(2月15日19:00スタート、詳細はこちらから

11日には、写真家の本城直季、マチルダの白鳥啓、雑誌『IMA』編集長の太田睦子、そしてモデレーターとして弊誌編集長の若林恵が登壇。テクノロジーはいかに「写真」を拡張するのか、これからの写真表現の行方についてのトークが繰り広げられた。

セッションの切り口となったのは、これまで写真雑誌「IMA」の誌面で展開されてきた写真家とAR(現実拡張)のコラボレーションだ。

セッションの際にも紹介された、IMAとマチルダによるARコンテンツ。アプリを起動したiPhoneを誌面にかざすと、­写真家が語り、誌面上の写真が動きだす。

IMAが創刊した2012年当時は、メディアを支える広告費が大きくウェブメディアに移行し、雑誌の休刊が目立ち始めた時期だった。とはいえ太田が得ていたのは、たとえウェブメディアが一般化しようとも、それは紙媒体にとって代わるものではないという確信だ。「必要な雑誌とは何か」と考えたとき、大量に流通する“プロダクト”ではなく、手に取る人のこだわりに応える“クラフト”だというアイデアに至ったのだという。

では、そのとき「写真」には何が問われるのか。

写真は「選択の芸術」だと言われている。つまり構図やピント、シャッタースピードを決め、シャッターを切り、現像し幾多のカットからたった1枚を選び取る過程こそが写真家の仕事であった。しかしそこにテクノロジーが大きく介在するようになったいま、対象をとらえる見方がユニークで、かつ安定していることこそが写真家の仕事になるのだろう。

アナログとデジタルを対立軸に置いた議論に、もはや意味はない。テクノロジーが写真家の個性を打ち消すのではなく、むしろかえってそれぞれの視点や、それらが表現するテクスチャーがより強固に打ち出されることがある(「本城直季風ミニチュア写真撮影アプリ」を使ったからといって、当然写真家本人の写真とはまったくの別物だ)。

印象的だったのは、会場から募られた質問に対する三者三様の回答だ。「自身の作品の『ゴール』をどこに設定しているか」という問いに、ある種“職人的”ともいえる本城は「額装され壁に飾られたときを想定している」と答え、チームワークで一冊の雑誌をつくる太田は「読者の求めるクオリティを可能な限り追求する」と答えた。一方、白鳥は、「デジタルテクノロジーには『アップデート』があり、ゴール自体を変えていく力をもっている」と言う。

テクノロジーは、それが日常的に使わている対象の可能性を広げうる。展示されている「IMA ARART Exhibition」では、AR技術を用いたiOSアプリ「IMA+ARART」をダウンロードしたスマートフォンを写真にかざすことで、写真が文字通り、動きだす。その様子は、テクノロジーによって拡張される写真表現や雑誌メディアの、ひとつの可能性だといえるのかもしれない。

公式サイトFacebookページ|Media Ambition Tokyo

TAG

EventMedia Ambition TokyoPhotograph