「ウルトラマン」UAMOU/(C)円谷プロ

写真拡大

「ウルトラマン」シリーズをはじめとした数々の特撮映像作品を世に送り出してきた円谷プロのキャラクターを、気鋭のクリエイターがインスパイアードアートとして表現する展覧会「円谷プロダクションクリエイティブジャム50 3rd」が、2015年2月16日(月)から3月3日(火)まで、京都LoFtにて開催される。

海外も注目する気鋭のクリエイターらが、円谷プロのキャラクターや世界観を表現。最多50点以上が展示され、本展限定版ソフビフィギュアも発売される。

気鋭クリエイターが作る円谷キャラクターのインスパイアードアート


「ピグモン」matsumoto-michiko/(C)円谷プロ

「ピグモン」matsumoto-michiko/(C)円谷プロ



本企画は、円谷プロが創立50周年を迎えた2013年の夏、第1回を表参道Tokyo's Tokyoで開催したのを皮切りに、第2回・新宿マルイメン、第3回・名古屋PARCO、第4回・仙台三越に続いての開催となる。

これまでのイベントで人気を博したオリジナルソフビフィギュアの展示・販売は、50点を越える過去最多となり、京都ロフト限定商品のほか、今回、新たに登場する商品も多数販売。

独創的なデザインのウルトラ怪獣たち


今回の目玉の1つとなっているのが、ハンディキャップを持つ人が、その人の好きな事、得意な事で活躍する福祉施設「studio COOCA」の独創的なアートワークによる「ピグモン」、「バルタン」などの展示。作品を使ったTシャツ、トートバッグ、スマートフォンケースの受注販売もされる。

また、怪獣マニア歴30年以上という経歴を活かしたアーティスト・ヤモマークさんの作品「カネゴン(蓄光ブルー)」。クリエイター高木綾子さんの個人ユニットUAMOUが手掛ける「ウルトラマン」がデフォルメされ、ゴールドに輝くフィギュア。紫色が目をひく「ゼットン」は、デザイナーのchaco★pink.さんによる「KAIJU★PLANET」シリーズの作品など、「ソフビフィギュア」の新たな魅力を楽しめる。

フィギュアは、家に持って帰れるアート。他にも、多数のアーティストが参加するので、お気に入りが見つかるかもしれない。

「カネゴン(蓄光ブルー)」ヤモマーク/(C)円谷プロ

「カネゴン(蓄光ブルー)」ヤモマーク/(C)円谷プロ



「宇宙恐竜ゼットン(京都限定カラー)」chaco★pink./(C)円谷プロ

「宇宙恐竜ゼットン(京都限定カラー)」chaco★pink./(C)円谷プロ



「タッコング・オイル」リタ・ジェイ/(C)円谷プロ

「タッコング・オイル」リタ・ジェイ/(C)円谷プロ



「ウルトラマンと怪獣たち」徳田有希/(C)円谷プロ

「ウルトラマンと怪獣たち」徳田有希/(C)円谷プロ