和歌山県の小5殺人事件 容疑者に「妄想性人格障害」の疑い

ざっくり言うと

  • 和歌山県で小5男児が刺殺され、近所に住む22歳の男が逮捕された事件
  • 容疑者には妄想性人格障害の疑いがあると臨床心理士の矢幡洋氏は指摘する
  • 被害妄想が強く、周囲への恨みや怒りを一方的に募らせていくという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング