女子中高生のこだわりを形にした電動アシスト自転車

写真拡大

ブリヂストンサイクル(埼玉県上尾市)は、女子中高生に人気の雑誌「Seventeen(セブンティーン)」とコラボレーションし開発した通学用電動アシスト自転車「ステップクルーズe」限定モデルを2015年2月上旬に発売。

「中高生の自転車利用実態・意識調査」では電動アシスト自転車を利用したい・してみたいと回答した人が約4割を超える。さらに、通学路に坂道が多いと回答した人の利用意向に関しては約6割に達していた。

通学シーンにもマッチするノーブルネイビーカラーに、制服と相性が良いチェック柄をサドルやロゴにコーディネート。「通学もオシャレに!」という女子中高生に向けたこだわりが満載の1台になっている。

制服のスカートでもこぎやすい「イージーステップV型フレーム」やスクールバッグもすっぽり収まる「ワイド型フロントバスケット」を採用。また、充電時間が短い「8.7Ahバッテリー」、残りアシスト走行可能距離を表示する「オートライト機能付き3ファンクションメーター」、滑らかで快適なアシスト走行を実現する「トリプルセンサーシステム」などの最新電動アシスト機能を搭載した。

その他にも自転車タイプの「ステップクルーズDX」、人気の通学用自転車「カジュナ」のセブンティーンコラボ限定モデルを発売する。

価格は「ステップクルーズe」11万1800円、「ステップクルーズDX」26インチ4万8800円、27インチ4万9800円、「カジュナ」26インチ5万1800円、27インチ5万2800円、いずれも税別。