強度を持ちながらボタンなどの操作性を確保

写真拡大

スマートフォン用ケースを扱うギルドデザイン(三重県亀山市)は、NTTドコモのスマートフォン、ソニー製「Xperia Z3 SO-01G」対応のアルミ削り出しケース「ソリッドバンパー for Xperia Z3」を、2015年2月12日に、同社直販サイトなどで発売した。価格は1万円(税別)。

ケースを装着したままイヤフォンジャックやストラップホールが使える

航空機や自動車部品にも使用されるほど強度があり、切削性に富むという、古河スカイ製A2017材ジュラルミンを3次元加工で削り出した。切削加工から表面処理、ケースを固定するボルト、付属品のシリコン、レンチ、パッケージの箱に至るまで、日本で作られた「純日本製」。

フレームは十分な厚みを持たせ強度を高めると同時に、側面の各ボタンなどの操作性を損なわないよう設計。装着したままイヤフォンジャックやストラップホールなどが利用できる。着信充電LEDがある前面左上に切り欠きを設けている。ドコモ純正の卓上ホルダーは使えなくなるため、純正microUSBケーブルやマグネット式充電アダプターの利用を推奨している。カラーはブラック、レッド、シルバー、パープルの4色。