iPS細胞からがんが生じる仕組みの一端を解明 慶応大などが発表

ざっくり言うと

  • 慶応大などのチームが12日、iPS細胞のがん化の仕組みを解明したと発表した
  • iPS細胞を使った再生医療の安全性を高めるのに役立つ成果という
  • iPS細胞から作った神経幹細胞を脊髄損傷のマウスに移植するとがんが生じる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング