写真提供:マイナビニュース

写真拡大

山陽・九州新幹線に、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)の人気エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」をモチーフにしたラッピング新幹線が、2月14日より登場することが12日、明らかになった。

『ハリー・ポッター』をテーマにした新エリアをモチーフにした同車両には、エリアのランドマークである壮大なホグワーツ城をデザイン。その上には、ハリー・ポッターが飼っている白ふくろう「ヘドウィグ」が悠々と羽ばたく姿が描かれている。

運行期間は2015年2月14日〜2016年1月(予定)、対象車両はN700系新幹線。区間は、新大阪〜鹿児島中央駅間で、土曜日に運転する「さくら580 号」「ひかり580 号」を中心に運転する予定だ(運転する列車は運転日により異なる)。