クリエイターよ、総額10万ポンドのWIREDフェローシップを狙え

写真拡大

『WIRED』UK版と、デジタルアートのコミッショナー/プラットフォーム「The Space」による『The Space/WIREDクリエイティヴフェローシップ』プログラム。その3人目の審査員に、デンマーク生まれのアイスランド人アーティスト、オラファー・エリアソンが就任することが発表された。審査はそのほか、『WIRED』UK版の編集長デヴィッド・ローワン、そして「The Space」の設立ディレクターのルース・マッケンジーが務める。

「クリエイターよ、総額10万ポンドのWIREDフェローシップを狙え」の写真・リンク付きの記事はこちら

われわれ『WIRED』のUK版が、世界に大きなインパクトを与えうる人材を発掘するべく「WIREDイノヴェイションフェローシップ」を発足させたのは昨年2014年のこと。「The Space/WIREDクリエイティヴフェローシップ」プログラムは、その新設カテゴリーだ。

同プログラムで先鋭的なデジタルアーティストとして選出された3名には、新たな制作にかかる資金として賞金が贈られる。賞金総額は100,000ポンド(約1,800万円)で、結果は2015年春に発表される予定だ。

先日新たに審査員に決定したオラファー・エリアソンは、壮大なスケールのインスタレーションアートや、鑑賞者が実際に作品を体感できる“没入型”のアート空間を多く生み出している。彼が狙うのは、光や水、鏡といったものを利用して、鑑賞者の体験の質を高めることにある。

とりわけ有名なのが、2004年の「ウェザー・プロジェクト(The Weather Project)」だ。イギリスの近代美術館テート・モダンのタービンホールに展示されたこの作品では、ホールの天井を鏡で覆って鏡の空間をつくり出し、巨大な太陽を模したオレンジ色のランプを浮かべ、さらにロンドンを象徴する霧を再現した。このアート空間に浸った鑑賞者は200万人にも上った。

エリアソンは言う。「人と人とがつながっている世界では、デジタルアーティストは、ローカルに生み出されたアイデアを、グローバルな鑑賞者のもとに届けることができる。そして彼らのアート作品は、相手がどこにいようとも、その人の心に訴えかけ、ローカルな体験になる」

The SpaceとWIREDと協力して、『クリエイティヴフェローシップ』プログラムにふさわしい、デジタルアートのイノヴェイターを見つけることを心から楽しみにしている。ローカルやグローバルな文脈で観るものの心に訴えかける──そんな創作活動を行うアーティストを見つけたい」

このプログラムには世界中のどこからでも応募が可能で、画期的なアート作品のインスピレーションがあれば、誰でもエントリーできる。芸術に関する正式なトレーニング経験や資格の有無は問われない。

エントリーの締め切り日は、2015年3月1日。審査結果は、優勝者の3名に直接伝えられる。またそれぞれの作品は、2015年10月にロンドンで開催される予定の「WIRED 2015」で披露される。応募の詳細、条件、規約は、こちらで確認のこと。またはcreativefellows@thespace.orgにメールで問い合わせることも可能だ(英語のみ)。

TAG

ArtCreativeDigital ArtFellowshipWIRED UK