「Flipboard」は、なぜいまウェブ版をリリースするのか

写真拡大

iPadでニュースキュレーションアプリの世界を切り拓いた「Flipboard」が、満を持してウェブ版をリリースした。同社トップデザイナーのディディエ・ヒルホーストにその狙いを訊いた。

「「Flipboard」は、なぜいまウェブ版をリリースするのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

5年前、Flipboardの共同創立者でCEOのマイク・キューは、雑誌のような美しい方法でニュースや記事をレイアウトするウェブサーヴィスを心に描いていた。

しかし、当時のウェブ技術はまだ彼が望むほど十分ではなかった。そのため、Appleが近々発売するタブレット型端末のうわさが浮上すると、会社は代わって最初のiPad雑誌の開発を目標とした。それは結局、よりふさわしいプラットフォームとなった。

その後ライヴァルも登場し、スマートフォン向けにも拡張されたFlipboardはいま、ウェブへと向かう準備が整った。もっと厳密に言えば、ウェブの方にFlipboardに対する準備が整ったのだ。

関連記事:進化したFlipboard 2.0。キュレーション新機能で誰もが雑誌編集者?

Flipboardのパーソナルマガジンは現在、デスクトップとモバイルブラウザ上で利用できる、美しく、レスポンシブルで、アルゴリズム的にも素晴らしいウェブサイトだ。そこではお気に入りのトピックについて読み、最新ニュースをチェックし、写真やGIF形式の画像を見ることができる。

「Flipboardの進歩とトピック・ベースのブラウジングにより、いまはまさにウェブ版のスタートにふさわしいタイミングといえるでしょう」。と、Flipboardのトップデザイナー、ディディエ・ヒルホーストはわれわれに語った。

「テクノロジーの観点から見ると、ウェブは本当に進化しました。携帯電話やタブレットから多くを学んだのです。滑らかな移行や、ページ全体をリロードせずともページの一部をアップデートする能力といったものが、Flipboardが目指すウェブ体験のために必要とされた重要な事柄でした」

Flipboardはデスクトップへと展開した最初のモバイル専用プロダクトではない。InstagramやVineのようなアプリもまた、そうした飛躍を行っている。モバイルアプリの使用は急成長しているが、デスクトップ向けサーヴィスの提供は、潜在的ユーザーを広げることができる。実際、Flipboardはウェブに乗り出すことで、新規ユーザーの獲得に加え、既存の月5千万人のアクティヴユーザーからのアクセスの機会が増えることを望んでいる。

ウェブサイトはモバイルアプリと同様のモジュール式表示で、記事や画像は正方形や長方形の表示スタイルに分割されている。だがモバイル版とは異なり、Flipboardはトレードマークである、スクロールのためのページめくりを捨てたのだ。

スクロールするにつれて、大小の画像や、パーソナルマガジン作成者のハイライトといったコンテンツが、ユーザーの現在のブラウジング習慣に基づいて表示される。

多くの異なったものをレイアウトに組み入れることは、雑誌に独特な“テンポ”を生み出すことに役立っている。大きな写真については、バックエンドで大量の画像処理を行う。また、例えば画像上のどこに文字要素を置くのがベストなのか、あるいは何色の背景が一揃いの写真に最善の補色となるのか、といったことまで計算しているという。

「これは雑誌のアートディレクターの仕事に近しいものです」と、ヒルホーストは言う。「わたしたちはそれをアルゴリズム的に行っているのです」。

ただし、雑誌のアートディレクターは、まだ仕事を失う心配をする必要はない。「アルゴリズムを使えば現状80パーセントの結果が得られますが、アルゴリズムには本当は何が最高なのかがわからないのです。その最後の部分は人間らしさなのです」と、ヒルホーストは語る。

「Flipboardは活気あるキュレーターたちのコミュニティと、人間の編集スタッフとの組み合わせを必要としています。コンテンツが興味深く、適切であることを保証し、見た目も優れていると思われるようにするためです」

このレイアウトとキュレーションの組み合わせが、FacebookやTwitter、そしてPinterestとも違うところだ。ただし、これらのソーシャルメディアサイトと同様に、いったん記事をクリックすると、記事の掲載元のサイトに連れて行かれる(モバイル版ではFlipboard環境内に留まるのとは対照的だ)。

新しいサイトは、Flipboard.comでチェックできる。

TAG

DesignFlipboardMediaNew Idea