「秋コレ」(画像は公式サイトより)/(C)HAMます委員会/(C)しむを保護する会

写真拡大

2月14日(土)、秋葉原をテーマとした同人誌即売会・コスプレイベント「秋コレ」が、秋葉原通運会館で開催される。

本イベントは同名のフリーペーパーとも連動しており、秋葉原の各ショップ等にて隔月で頒布中だ。イベントと同じコンセプトのもと、様々な側面から秋葉原をとらえたマニアックな冊子となっている。

「秋葉原」を網羅したイベント


フリーペーパー「秋コレ」(画像は公式サイトより)/(C)HAMます委員会/(C)しむを保護する会

フリーペーパー「秋コレ」(画像は公式サイトより)/(C)HAMます委員会/(C)しむを保護する会



「秋コレ」は、『ラブライブ!』や『シュタインズ・ゲート』といった秋葉原にゆかりのある作品はもちろん、メイド喫茶や秋葉原の歴史、鉄道、ミリタリー、電子部品など、参加者が「これが秋葉原だ!」と思うテーマすべてを網羅する。

2014年11月に、同人誌即売会として第1回が開催。さらにイベントの認知拡大を目的として、フリーペーパーの頒布も行われるようになった。

フライヤーやフリーペーパーの表紙を飾るのは、「秋コレ」の看板娘・しむ(自律電人四六型)。フリーペーパーでは、個人作家やサークルによりTwitterやpixivに投稿された、しむの二次創作作品を随時発表している。

本イベントを運営する「HAMます委員会(正式表記は「本当はアイドル活動でもしてアキバを盛り上げたいところだけど、むさいオタクなので同人誌で盛り上げます委員会」)」の代表・高橋さんは、学生の頃より20年も秋葉原に通っているという方。同人イベントの開催やフリーペーパーの頒布を通して、秋葉原の街全体の活性化を狙っているという。