真鍋大度、徳井直生の新たな挑戦。人工知能がテーマのDJイヴェント「2045」

写真拡大

アーティスト、プログラマーの真鍋大度と、DJ、プログラマーの徳井直生がオーガナイザーとなり、人工知能を用いて音楽とテクノロジーの未来を探求するイヴェント「2045」が恵比寿・KATAで始動する。

「真鍋大度、徳井直生の新たな挑戦。人工知能がテーマのDJイヴェント「2045」」の写真・リンク付きの記事はこちら

コンピューター・テクノロジーが完全に人間を凌駕する「シンギュラリティ」の到来予測は西暦2045年。すでに人々の行動や嗜好の統計は膨大なデータとして可視化され、人工知能が人間の本来考えるべき領域に入り込みつつある。

関連記事:2045年とシンギュラリティ 松田卓也博士インタヴュー

一方、音楽という表現形態はどう変化していくだろうか。

コンピューターが「デイジー・ベル」を歌ったのはもう半世紀も前の1962年のこと。いまやコンピューター・ヴォイスによる楽曲がヒットを飛ばし、シンガーがテクノロジーの助けを借りて新曲をリリースすることも珍しくはなくなっている。iTunes、Spotify、SoundCloudなどのプレイリストに蓄積され続ける膨大な音楽データを使えば、まさにいまこの瞬間、最もポピュラーな1曲を選曲することも容易だろう。

こうした状況下においては、DJやセレクターたちの表現手段も変わっていくのかもしれない。

Rhizomatiksの真鍋大度とQosmoの徳井直生は、今年1月から放送されていたNHKスペシャル「NEXT WORLD -私たちの未来-」においても、サカナクションの楽曲から無限のリミックスを生成する人工知能「SYNPHONY」(Remix制作はAOKI Takamasa)を開発・披露している。そして今回、さらに視野を拡大し、世界中のネットワークを介して音楽を学習する人工知能をベースに、DJやVJの新たな表現を探る実験に挑む。

レジデントDJとして真鍋、徳井、そしてSetsuya Kurotakiのほか、ゲストとして新進気鋭のビートメイカーMetomeを迎え入れる。始動したばかりの本プロジェクトは、ライブの回を重ねるごとに進化を遂げていくことだろう。彼らのマニフェストとなる一夜をお見逃しなく。

「イベントではさまざまなデータを取得していますが、来場者の皆様には普通にクラブに遊びに来た感覚で楽しんでいただければと思っています。気軽に遊びに来ていただけけると幸いです」(真鍋大度)

「全体のシステムを少しずつバージョンアップしながら、定期的に開催していく予定です。音楽の未来について遊びながら考え、実験するためのオープンな場として育てていきたいと思っています」(徳井直生)


2045

日時:2015年2月13日(金)20:00 open/start

料金:一般2,000円、学割1,000円(ドリンク別)

会場:KATA(東京都渋谷区東3-16-6 LIQUIDROOM 2F)

DJ:Daito Manabe、Nao Tokui、Setsuya Kurotaki

LIVE:Metome

VJ:浦川通(Qosmo)and more(TBA)

>>詳細はこちらから

TAG

2045AIDaitoManabeDJEventMusicSingularity