「ドコモ光」は、モバイル・固定ネット・プロバイダをまとめることで、割引されるプランを提供

写真拡大

NTTドコモとソフトバンクが2015年3月からのサービス開始を相次いで発表した"光セット割"。ドコモは2月16日から「ドコモ光」の事前受付を始める。"光セット割"は、NTT東日本・西日本がこれまでユーザーに直接提供していた光回線(フレッツ光)を15年2月1日から、ドコモなどほかの事業者に卸売り(光コラボレーションモデル)をはじめ、事業者が購入した光回線と自社のサービスを組み合わせて提供する商品だ。auはauひかりやケーブルテレビ等の独自の固定通信網で同種のサービスを行っており、これで3キャリアがそろい踏み。インターネット接続の多様化が進むなか、これまでは"自宅"のためだけだった光回線が、モバイル利用にリンクするようになり、利用者にとっては"新時代"の始まりともいえそうだ。

ドコモユーザー855万世帯のほとんどの通信費が安く

総務省のデータ(14年9月末)によると、光回線のサービス契約世帯は約2600万世帯。このうちフレッツ光を利用しているのは約1900万世帯あり、このうちドコモを1回線以上保有しているのは約855万世帯にのぼる。ドコモによれば、ドコモ光の適用によりこの855万世帯のほとんどのケースで、これまでバラバラに支払っていたモバイル、ネット(固定)、プロバイダー(ISP)への支出をまとめることで、合計金額が安くなるという。

対応するプロバイダも多いため、自宅でフレッツ光を利用していて、ドコモの携帯を使っているという人はまず、ドコモ光の導入を考えた方がよいようだ。

高まる通信費は家計の悩みの種

インターネット調査会社、マイボイスコムの「携帯電話料金に関する意識調査」によると、家計の中で「ここ数年で費用が増えていると感じているもの」の1位は「携帯電話・スマートフォンなどの通信費」が59%で1位。「節約したいもの」では「携帯電話・スマートフォンなどの通信費」56.3%で2位だった(1位は「ガス・水道・光熱費」で59.3%)。

フレッツ光の契約世帯であれば、解約金なしで「ドコモ光」に申し込むことができる「転用制度」があり、手軽に負担を軽くできるチャンスといえる。

総務省の家計調査によると、家計支出に占める通信費は携帯電話の普及や進化に応じて年を追うごとに増えており、13年は12万3596円と過去最高を更新。月額1万円を超える計算だ。従来機種の携帯電話とスマートフォンなどの合計の同年の全世帯平均は、8万3099円と、こちらは3年連続で過去最高を更新。額は10年前の1.4倍という。

15年1月のICT総研による「モバイル・固定の"セット割引"利用意向調査」では、携帯電話ユーザーの6割が「『モバイル・固定ブロードバンドサービスのセット割引』を利用したい」と考えていることが分かった。セット割引の利用により金額が安くなるのはもちろんのこと、支払先が一本化できるメリットがあるため、まとめることで利用料金が安くなる割引プランも用意されている。ドコモ光でいえば、毎月最大3200円の割引が永年続き、かつドコモショップでのケアも付帯されることになる。

春の引っ越しや新生活シーズンをきっかけに、家計の見直しを行うという人も多いことだろう。こうした、モバイルとセットをまとめた通信費の節約術が、今後の一つのトレンドになりそうだ。