膝の痛みや不安を感じる箇所

写真拡大 (全4枚)

 日本シグマックスのブランド「ザムスト」は、2014年10月に開催された「大阪マラソンEXPO2014」来場者を対象に、「ランナーの膝の不安とその対処法」に関する調査を行い、結果を公開した。

 「膝に痛みや不安を感じるか?」「その箇所はどこか?」を聞いたところ、約80%のランナーが膝に何らかの不安を感じていると回答した。また、「痛みや不安を感じる箇所」は、1位が膝の外側(23%)、2位膝の内側(20%)、3位が膝の皿の下(14%)という結果となった。

 同調査では年齢・性別の他、月間の平均走行距離(練習、大会含む)による分類・比較も行っている。その傾向は月間の平均走行距離が長くなるほど、膝に「痛み・不安」を感じる割合は少なくなり、いわゆる“オーバーユース”との関係性とは単純に結びつかないようだ。また、同調査では、距離が長いランナーほど「テーピング」や「アイシング」などの専門的なケアを実施する割合が高いという傾向が見られた。