©2015 Universal Studios

写真拡大

世界中の女性が待ちに待った映画が、2月13日(金)、ついに公開される。

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ 」の過激な写真を見る(8枚)

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」は、全世界で1億部以上を売った三部作小説の1作目。SMを含む過激なセックス描写が売りで、中年女性に圧倒的な支持を受けたことから、“マミー・ポルノ”とも形容された。

ストーリーはいたって単純。無垢な若い女性が大金持ちのハンサム男に見初められるという、いわばシンデレラ物語だ。主人公アナスタシアは、大学卒業を目の前に控えた処女。友人の代理で、学生新聞の取材のため、大成功を納めている企業家クリスチャン・グレイのもとを訪れ、心を惹かれる。

だが、グレイは、本当の恋愛を信じず、女性を取っ替え引っ替えしては、肉体関係だけという契約を結んできた、やや冷酷な男性。アナスタシアにも同じ提案を持ちかけるが、彼女にほかの女性たちとは違うものを感じるグレイは、経験の浅い彼女に配慮して、大好きなSMは控え、普通のセックスで良いと珍しく妥協をする。一方、彼のおかげで性の快楽に目覚めたアナスタシアは、どんどん大胆になっていくのだった。

■原作はバカ売れしたが…

原作者E.L.ジェームズは、このシリーズでデビューを飾った新人女性作家。映画化に関しても深く関わり、プロデューサーにも名を連ねている。主演に誰が選ばれるのか、ファンの間ではあらゆる憶測がなされ、エマ・ワトソンやライアン・ゴズリングらの名前もささやかれたが、ジェームズやサム・テイラー=ジョンソン監督(『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』)らが選んだのは、「パシフィック・リム」のチャーリー・ハナムと、ニューフェイスのダコタ・ジョンソンという意外な顔ぶれだった。

原作がバカ売れしているだけに、誰が選ばれても文句を言う人はいたに違いないが、このキャスティングが発表された後には、一部のファンの間で反対運動が起こっている。そのプレッシャーのせいか、あるいはヌードだらけの撮影への躊躇もあったのか、撮影開始を前にしてハナムは降板。代わりに、イギリス人のモデル兼俳優のジェイミー・ドーナン(32)が決まったが、製作の遅延を受けて、公開予定日も半年後ろ倒しになった。

その間も、相手役のダコタ・ジョンソン(25)のほうは、考えを変えることなくこの映画にとどまっている。ジョンソンは、メラニー・グリフィスとドン・ジョンソンの娘。両親には、オーディションに受かるまで、この映画に出たいと思っていることを秘密にしていたという。

「パパもママも、知らせを聞いて、すごく驚いたわ。でも、その後は、私が役を得たことを誇りに思うと言ってくれた。両親が原作を読んでいるかどうかは知らない。ママはもしかしたら1冊目を読んでいるかもしれないけれど、パパは絶対に読んでいないと思うな。」

■過激さという意味でも、最高のデート映画

ジョンソンにいわせれば、セックス描写は、「体の一部のクローズアップが多く、実際にふたりがセックスしている様子を見せるというよりも、観客の想像を掻き立てさせるようなもので、とても美しい」らしい。それでも、イギリスで18歳未満の入場を禁止する厳しい指定を受けたところを見ると、過激さという意味でファンの期待が裏切られることはなさそうだ。

ジョンソンも、「完成作を本当に気に入っている。この映画は、最高のデート映画。それに、良い意味であなたを驚かせてくれるはずよ」と自信満々の様子。

北米では、初公開週末に、6000万ドルという、大人向け恋愛映画ではありえないような売り上げが見込まれており、すでに、2冊目、3冊目の映画化も決まっている。

この一大現象に乗り遅れたくないなら、この週末、さっそく映画館に出かけよう。