●神様、二度目の告白をする

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©鈴木ジュリエッタ/白泉社・神様はじめました製作委員会2015

<キャスト>
桃園奈々生:三森すずこ
巴衛:立花慎之介
鞍馬:岸尾だいすけ
瑞希:岡本信彦
ミカゲ:石田彰
乙比古:高橋広樹
霧仁・悪羅王:諏訪部順一
猫田あみ:佐藤聡美
上島ケイ:清水香里
鬼切(おにきり)、イザナミ:松井菜桜子
虎徹(こてつ):大久保ちか
沼皇女(ぬまの ひめみこ):堀江由衣
龍王・宿儺:浪川大輔
護(まもる):楠ひなた(式神時) / 山下大輝(人型時)
大国主(おおくにぬし):森久保祥太郎
●ストーリー
妖かしと人をつなぐ女子高生神様の縁結び修行、ふたたび!
ミカゲ社の土地神としてはまだまだ未熟な女子高生・桃園奈々生。ある日、風神・乙比古が、毎年全国の神々が出雲に集まって会議を開くという「神議リ」(かむはかり)の招待状を持ってやってきた。

※アニメ第2期!
●オープニング
桃園奈々生「はあ、生き返った!」


黄泉の国から漸く帰ってきた桃園奈々生。

桃園奈々生「巴衛は?」
大国主「巴衛は小槌を無断使用した罪で牢だ!」
●巴衛、投獄中!

その巴衛に面会に向かった桃園奈々生ですが、彼は(少なくとも表面上は)むしろ神使の任から外れたことに対してさばさばしている様子。しかし、

巴衛「俺はなぜ奈々生に囚われているんだ?」
瑞希「好きになったからじゃないかな?奈々生ちゃんを。」

※その巴衛の処罰は情状酌量のため軽いお仕置きとなったようです。
巴衛、恋をする。
巴衛「お前、まだ俺が好きか?」

突然の告白に平然を装う桃園奈々生、しかしながら巴衛は以前と大きく心境は変わっているようです。

桃園奈々生の無防備なキャミソール姿に対して、苛立ちを隠せないのもその証拠。

さて、漸く神様の仕事も片付いた桃園奈々生(殆どが押し付けられたものですが)。最終日の宴、着飾る桃園奈々生。彼女は差し出された盃に口を付けたものを、

巴衛「奈々生は飲めないゆえ、神使である私が。」

ここで顔を赤らめる桃園奈々生。つまり、間接キス!

桃園奈々生はミカゲに再び会うも、彼の真意は巴衛に必要とされなくなること。それはもう少し先の話のようです。

 

「神様はじめました◎」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

 

【ライター:清水サーシャ】

 

【関連記事リンク】
【アニメ】「神様はじめました◎」第4話「神様、黄泉をかける」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神様はじめました◎」第3話「神様、黄泉におちる」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神様はじめました◎」第2話「神様、出雲へいく」(ネタばれ注意)

【アニメ】「神様はじめました◎」第1話「神様またはじめました」(ネタばれ注意)

【アニメ】「神様はじめました」第13話「ミカゲ社祭」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「神様はじめました◎」TVアニメ公式Webサイト
「神様はじめました◎」AT-X公式Webサイト