11日、米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、中国のスマートフォンメーカー・シャオミ(小米科技)を「強力なライバル」と認めつつ、「心配はしていない」との認識を示した。写真はシャオミ製スマホ。

写真拡大

2015年2月11日、米IT情報サイト・BGRによると、米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、中国のスマートフォンメーカー・シャオミ(小米科技)を「強力なライバル」と認めつつ、「心配はしていない」との認識を示した。12日付で中国・環球時報(電子版)が伝えた。

【その他の写真】

クック氏は、ゴールドマン・サックス主催「Technology and Internet Conference」で、「アップルは常に激しい競争にさらされてきたが、それは進歩の原動力でもある」とし、「競争は常にあるもの。良い製品が代弁してくれるので、心配はしていない」との認識を示した。

シャオミは、初の製品投入から3年余りで、企業価値450億ドル(約5兆3000億円)を達成。中国やインドなど新興国でシェアを伸ばし、世界5位のスマホメーカーに躍進している。(翻訳・編集/柳川)