「真空で混ぜる」「真空で下ごしらえ」「温める・煮込む」「茹でる・蒸す」「真空保存」「再加熱」の1台6役の真空ミキサー

写真拡大

 スロージューサーや真空ミキサーで美味しく健康的な生ジュースを家庭で。そんなトレンドが昨年あたりから定着している。今年に入って、加熱機能を加えた新しい真空ミキサー「らくっく」が登場した。実はこのミキサー、主婦層だけでなく、男性からも熱い視線が寄せられている。

 そもそも通常のミキサーと、スロージューサーや真空ミキサーはどう違うのか。簡単にいうと、スロージューサーはゆっくり低速で果物や野菜をつぶすことで、酸化を防ぎながら美味しいジュースがつくれる。

 真空ミキサーは、カップを真空状態にして酸化を防ぎながら食材をミキシングできる。ジュースの劣化を防ぎ、栄養素も通常のミキサーよりも多く残せるのが特長だ。

 こうしたミキサーでつくる、食物繊維や果肉が丸ごととれるスムージーが大人気となったのは2013年。この年、ミキサーの売上は前年比18%増となった(調査会社GfKジャパン調べ)。

 そんな流れの中で登場したのが、加熱もできる真空ミキサー「らくっく」である。加熱機能が加わったことで、その用途は大きく広がった。従来のミキサー機能はもちろん、「真空での下ごしらえ」「温める」「煮込む」「茹でる」「蒸す」「真空保存」「再加熱」まで1台で可能となったのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)